« 浮世絵は楽し! | トップページ | 南部鉄瓶から生まれたカラーティーポット! »

2014.12.29

心に強く刻まれた工芸の名品!

Img_0003     ‘奈良三彩壺’(重文 奈良時代・8世紀 九州博)

Img_0002     鹿児島壽蔵の‘志賀島幻想箕立事’(1967年)

Img     黒田辰秋の‘赤漆流稜文飾箱’(1957年 東近美)

Img_0001     板谷波山の‘彩磁瑞花祥鳳文花瓶’(1916年 MOA美)

浮世絵同様、今年は工芸も年のはじめに大きな展覧会があった。60回をむかえる日本伝統工芸展を記念して行われた‘人間国宝展’(東博)、今回は展示の仕方に工夫がなされ、人間国宝の作家の作品と一緒に古典の名品も展示された。

人間国宝の優れた作品をみるだけでいい気持になるのに、昔の名品も目を楽しませてくれる。この展示のおかげで実感されるのは日本の美がぎっしりつまった工芸では伝統の技と職人の魂がしっかり受け継がれており、人間国宝の作家たちはそこからさらにまた新たな名品を生み出していること。

初見で嬉しかったものがいくつもある。そのひとつが加藤卓男のつくった三彩の花器の横に展示してあった‘奈良三彩壺’、この重文を追っかけていたのでじっくりみた。

その造形にハッとさせられたのが紙塑人形の‘志賀島幻想箕立事’、購入した図録におもしろいことが書いてあった。志賀島の漁村では漁師は夜仕事をする。そのため夫婦のラブタイムは昼間、家の玄関に箕が立ててあるときは今はダメよという合図だった。この作品はその習慣を人形で表現している。

2月横浜そごうで開催された黒田辰秋の回顧展にはすばらしい作品が並んでいた。これまで民藝作家物語に欠けていたワンピースが黒田辰秋。これでコンプリートになった。魅了される木工作品が多くあるなかでとくに惹かれるのは目に焼きつく赤とそのモダンな造形が印象的な‘赤漆流稜文飾箱’。

没後50年の節目の年となった板谷波山、出光と泉屋博古館分館で回顧展があった。博古館にでていたものはまだみ残していたものが多く大きな満足がえられた。そして、久しぶりにみた名品もあった。MOA美が所蔵する‘彩磁瑞花祥鳳文花瓶’。大きく羽ばたく鳳凰の姿は見ごたえ十分。言葉を失ってみていた。

|

« 浮世絵は楽し! | トップページ | 南部鉄瓶から生まれたカラーティーポット! »

コメント

板谷波山、、先日、千葉県のホキ美術館に行った際に、所蔵の作品が展示されていました。ミニサイズでしたが、非常に美しかったです。

回顧展には行っていないので、そちらで展示されたのか分からないのですが、未見でしたら是非♪
美術館HPにも画像が載っています。

慌ただしい年の瀬になりましたが、よいお年をお迎え下さい。

投稿: みどりがめ。 | 2014.12.30 04:12

to みどりがめさん
今年は板谷波山の回顧展を2度楽しみました。
やはり波山は別格の陶芸家です。惚れ直しました。
ホキ美も波山をコレクションしていましたか!
その作品に魅せられている人は多いですね。

よいお年をお迎え下さい。

投稿: いづつや | 2014.12.30 20:59

そうそう、今年は工芸の当たり年でしたね。
今日、松屋銀座の古田織部初日に行きましたが、賑わってましたね。
東京にあるという、梅澤記念館というところからも出品されていました。
波山は出光は観たのですが、生憎、泉屋博古は入院と重なり、見逃したのですが、図録はトーハクにあったので、購入したのですが、膨大な量で、あれが狭い、泉屋博古に全部展示されたのでしょうか?
智美術館も意欲的になりましたね。新年も2日から開館すると。
明日で今年も終わります。良いお年をお迎えください。

投稿: oki | 2014.12.30 22:20

to okiさん
古田織部展、早い出動ですね。梅澤美のものがあり
ましたか!それは期待できますね。この展覧会は
見逃せません。

泉屋博古館の波山展はいいのが出てました。すごく
立派な回顧展で収穫大です。

よいお年をお迎え下さい。

投稿: いづつや | 2014.12.31 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心に強く刻まれた工芸の名品!:

« 浮世絵は楽し! | トップページ | 南部鉄瓶から生まれたカラーティーポット! »