« 古代エジプトの絵が‘鳥獣戯画’と時空をこえてコラボ! | トップページ | やさしい大観の富士! »

2014.11.18

高倉健さん 亡くなる!

Img

今日はとても悲しいニュースが入ってきた。あの大スター高倉健さんが悪性リンパ腫のため亡くなった。享年83、昨年の今頃文化勲章を受章し元気な姿をみせていたので、この突然の死がちょっと信じられない。健さんは90歳になってもそのカッコよさは変わらないだろうと思っていたのでショックを受けている。心からご冥福をお祈りしたい。合掌!

健さんの映画で心に強く残っているのは、
★‘飢餓海峡’(1965年)
★‘幸福の黄色いハンカチ’(1977年)
★‘八甲田山’(1977年)
★‘駅ステーション’(1981年)

ここ十年くらいは映画を楽しむ時間がきわめて少なくなったが、その前はビデオレンタル屋へはよく通っていた。好きなのは刑事もの、健さんが若い刑事役で出演した‘飢餓海峡’は日本映画史に燦然と輝く傑作、ときどきビデオを再生しているが隣の方からは‘またみるの’とあきれられている。今年は三国連太郎が亡くなったときBSプレミアムで放送されたのでまたのめりこんだ。

1977年に製作された‘幸福の黄色いハンカチ’(山田洋次監督)は健さんの魅力が最大限にでた心にしみる映画。ぶら下げられた何十枚もの黄色いハンカチが風で勢いよくたなびく光景をじっとみつめる健さんの顔がじつに感動的。こういう終わり方をする映画は一生忘れない。

健さんが演じる網走刑務所帰りの男が夕張に住む昔の恋人に‘もし、まだ一人暮らしで俺を待っててくれるなら黄色いハンカチをぶら下げておいてくれ、それが目印だ’と言い伝える。おもしろい筋立てだが、山田洋次監督はこれをギリシャ神話から着想している。

英雄テセウスはクレタ島でミノタウロスを退治したあと、島々をまわりながらアテネに帰還する。最後の寄港地デロス島から出帆してさあアテネというときにテセウスは大失敗をやらかす。帰国の喜びのあまり、黒い帆を白い帆に張り替えるという父王との約束を忘れてしまった。

そのため岸辺でテセウスを待っていた父アイゲウス王は、水平線上に現れた黒い帆の船を見て、息子が死んだものと早合点して海に身を投げて自殺する。エーゲ海(アイガイオン海)という呼び名はアイゲウス王の名から始まったといわれる。

健さんのこの映画を思い出すたびにテセウスの話が頭をよぎる。

|

« 古代エジプトの絵が‘鳥獣戯画’と時空をこえてコラボ! | トップページ | やさしい大観の富士! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/60675825

この記事へのトラックバック一覧です: 高倉健さん 亡くなる!:

« 古代エジプトの絵が‘鳥獣戯画’と時空をこえてコラボ! | トップページ | やさしい大観の富士! »