« ズームアップ 名画の響き合い! 1945年 | トップページ | ズームアップ 名画の響き合い! 1946年 »

2014.09.06

青木の決勝打でロイヤルズ4連勝!

Img   ピネダの球をきれいにセンターに打ち返す青木

Img_0001

今日のヤンキースとロイヤルズとの試合は青木の一打が決勝点となり、ロイヤルズが勝利した。これで連勝を4としタイガースに2ゲーム差をつけた。

ヤンキーススタジアム初登場の一番ライトの青木は3回表の2打席目でピネダからきれいなセンター前ヒットを放ちセカンドランナーを迎えいれた。ロイヤルズの得点はこの1点だけ。両リームともヒット3本という典型的な投手戦だったから、好機にヒットを打った青木の活躍が強く印象づけられる。

ロイヤルズは8月にタイガーズと入れ替わって中地区の首位に立っているが、残り試合は23。優勝の行方はまだわからない、タイガースとのし烈な争いが最後の最後まで続きそう。また6ゲーム差のインデイアンスも優勝をあきらめてないはず。このチームは昨年終盤驚異的な追い上げでワイルドカードを獲得しており、その粘り強さは侮れない。

日本人選手のうちポストシーズンでプレーできそうなのはロイヤルズの青木とマリナーズの岩隈の二人だけ。今年ロイヤルズに移籍した青木はチームが優勝争いをしているので毎日気合いが入るだろう。また、今日のレンジャーズ戦で14勝目(6敗)をあげた岩隈もワイルドカードでのポストシーズン進出を狙うマリナーズにあってはチームの勝利に欠かせない主力投手。

西地区3位マリナーズはこれで4連勝となり、2位のアスレチックスに2ゲーム差と迫っている。その投手力はリーグ一を誇り安定しているからワイルドカードを手にいれる可能性がだいぶでてきた。ロイヤルズ、マリナーズの試合から目が離せられない。

|

« ズームアップ 名画の響き合い! 1945年 | トップページ | ズームアップ 名画の響き合い! 1946年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青木の決勝打でロイヤルズ4連勝!:

« ズームアップ 名画の響き合い! 1945年 | トップページ | ズームアップ 名画の響き合い! 1946年 »