« 黒田 レイズ戦に好投し8勝目!  | トップページ | 期待値を大きく上回る‘板谷波山展’! »

2014.08.19

ズームアップ 名画の響き合い! 1938年

Img_0001     ドローネーの‘リズム’(パリ市近美)

Img_0003     エッシャーの‘昼と夜’(豊田市美)

Img_0002     バルテュスの‘夢見るテレーズ’(NY メトロポリタン美)

Img     カーロの‘フレーム’(パリ ポンピドー)

海外の都市で美術館巡りをしたのはパリが最初、1991年に二日かけて主だった美術館を目いっぱい回った。そのひとつがパリ市近美。

ここで印象に強く残ったのはマティスとルーマニア生まれのシュルレアリスト、ブローネル、そして抽象画のドローネー。ドローネー(1885~1941)の作品はエッフェル塔と円盤がすぐイメージされるが、パリ市近美にあるのは痺れるくらい美しく描かれた円盤、このシリーズはほかにもみる機会があったが、‘リズム’の完成度の高い抽象美が群を抜いている。

2002年Bunkamuraで開催されたエッシャー(1898~1972)の回顧展で最も魅了されたのが‘昼と夜’、とくに感心するのが左へ右へ飛んでいく黒と白の鳥、スタートした部分は野原の一角の横線の入った四角や三角なのにこれが移動するごとに鳥の胴体や羽に変容していく。しかも、夜と昼の風景に描き分けているところがスゴイ。本当にうまくできている。この作品でいっぺんにエッシャーのファンになった。

今年の大きな収穫はバルテュス(1905~2001)とヴァロットン。4月にみた‘夢見るテレーズ’がメトロポリタン美にあったとは知らなかった。MET蔵のバルテュスは日本であった展覧会に出品された‘目を覚ましたテレーズ’と‘山’だったが,‘夢見るテレーズ’までコレクションしているのだから流石ブランド美術館。また、MoMAでもバルテュスを楽しめる。‘街路’と‘居間’、‘アンドレ・ドランの肖像’、アメリカの美術館のコレクション力にはまったく恐れ入る。

メキシコ出身のの女流画家フリーダ・カーロ(1907~1954)には高い関心を寄せているが、これまでみたものは片手くらい。昨年MoMAで新規に2点が加わった。次のターゲットはポンピドーにある‘フレーム’、何年か前Bunkamuraでカーロ展があったそうなのだか、そのころ東京にいなかったからみること叶わなかった。当分回顧展にはめぐりあえそうもない。

|

« 黒田 レイズ戦に好投し8勝目!  | トップページ | 期待値を大きく上回る‘板谷波山展’! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ズームアップ 名画の響き合い! 1938年:

« 黒田 レイズ戦に好投し8勝目!  | トップページ | 期待値を大きく上回る‘板谷波山展’! »