« ズームアップ 名画の響き合い! 1937年 | トップページ | ズームアップ 名画の響き合い! 1938年 »

2014.08.18

黒田 レイズ戦に好投し8勝目! 

Img   前回とは違い格段に安定した投球内容だった黒田

Img_0001

ヤンキースの黒田がレイズとの一戦で前回とは格段にレベルアップしたピッチングをみせ、チームの勝利に貢献した。これで二桁勝利にあと2つの8勝目(8敗)。

前回の登板が散々だったので、期待より心配な面のほうが強かったが、今日の黒田は最初から気合が入っていた。初回に点をとられるというここ数試合のパターンをまた繰り返したが、2回から6回まではすべて3人でかたずける安定した投球内容。

投手がこういうリズムのいいピッチングをすると守っている野手もそれを後押しする好プレーがでてくる。すばらしい守備をみせたのが、三塁のヘドリーと二塁のプラド。プラドは初回レイズの4番ロンゴリアのセカンドゴロをうまく捕球したあと体がのびきったむつかしい体勢でファーストへ投げアウトカウントを増やした。これで1点が入ったものの、ライトにぬけていればもっと得点されていたところ。

黒田はこのプレーに勇気づけられたにちがいない。また4回にも2アウト後、三塁を抜けていくかという痛烈なライナーをヘドリーが横っ飛びで好捕。いいプレーがでると試合はしまり、徐々にヤンキースに勝機が生まれてくる。5回表、2アウトのあとチャンスが広がり1番ガードナー、3番エルズベリーのきれいなタイムリーヒットで3点をもぎとりゲームをひっくり返した。

黒田は6回1点をとられ、2アウトで降板。4安打2失点は上々の出来。今日のピッチングが黒田本来のもの。この調子が維持できれば、まだまだ勝てる。12勝くらいは達成してもらいたい。そして、防御率は3点の半ばくらいへ。いいピッチングをするときの黒田はまさにサムライ。じつにカッコいい!

|

« ズームアップ 名画の響き合い! 1937年 | トップページ | ズームアップ 名画の響き合い! 1938年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒田 レイズ戦に好投し8勝目! :

« ズームアップ 名画の響き合い! 1937年 | トップページ | ズームアップ 名画の響き合い! 1938年 »