« ズームアップ 名画の響き合い! 1900年 | トップページ | 打者を抑える直球の威力! »

2014.05.05

ダルビッシュ 2勝目!

Img     ダルビッシュ 1回裏 プホルスにホームランを打たれる

レンジャーズのダルビッシュがエンゼルスとの試合に登板し、7回3失点とまずまずの出来で2勝目をあげた。最近の2試合、ダルビッシュのピッチングは球が走らず、ライバルチームのアスレチックスにKOを食らうなど調子を落としていたからちょっと心配だったが、この勝利でもやもやがふっきれた。

試合は味方の打撃陣が初回に3点、2回にも2点をとってくれ早々と試合の主導権を握ることができたのダルビッシュにとっては楽な展開だった。しかし、1回の裏先頭打者にいきなりホームランを食らい、1アウト後主砲プホルスのまたもセンターに見事なホームランを打たれてしまった。これでリードは1点、だから2回以降はどうなることやらという感じだった。

それを自軍に勝機を呼び込んだのは2回裏のダルビッシュ自らのすばらしい守備だった。1アウト1,2塁で打席はホームランを打っている1番アイバー、うまくうちとったがボールはぼてぼての三塁ゴロ、これをダルビッシュは素早くとり三塁のベルトレ―にバックトス、きわどいタイミングだったが塁審の判定はセーフ、

これはレンジャーズは黙っておれない、当然今シーズンから採用されたチャレンジを使う。TVで繰り返し再生されるる映像をみてもアウト、チャレンジは認められアウト、この回は無得点で終わった。これで気を良くしたダルビッシュは調子をとり戻し、3回以降もエンゼルスの強力打線を無失点に抑えた。

打たれたヒットは7本、奪った三振が9個、四球は1つだから、一回にホームランで2失点した投球内容をうまく修正したといえる。これで調子を上げてきそう。

昨日はマー君がまた勝ち投手になり早くも4勝、そして指のけがで出遅れていたマリナーズの岩隈も先に点を許したものの味方打線が大量得点で逆転してくれたため待望の1勝をあげることができた。岩隈の復帰で日本人先発投手カルテットがいよいよ前へ進む。みんなのいいピッチングを期待したい。

|

« ズームアップ 名画の響き合い! 1900年 | トップページ | 打者を抑える直球の威力! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダルビッシュ 2勝目!:

« ズームアップ 名画の響き合い! 1900年 | トップページ | 打者を抑える直球の威力! »