« 5年ぶりの国宝‘風神雷神図’! | トップページ | ズームアップ 名画の響き合い! 1892年 »

2014.04.13

千葉市美の‘中村芳中展’!

Img       ‘扇面貼交屏風 大根とくわい’(18~19世紀 細見美)

Img_0001            ‘白梅図’(18~19世紀 千葉市美)

Img_0002     ‘蝦蟇・鉄拐図屏風’(18~19世紀)

Img_0003     ‘光琳画譜 仔犬’(1802年 千葉市美)

美術館が好きになる要素としてアクセスの良さというのがある。少しばかり体を動かせばたどり着くというのはなんといっても魅力。でも、アクセスだけが美術館へ行く決め手ではない。多少時間がかかっても足を運ぼうと思う美術館だってある。千葉市美はそんな美術館のひとつ。ここで期待の‘中村芳中展’(4/8~5/11)がはじまった。

中村芳中(?~1819)の回顧展に遭遇するのははじめてのこと。琳派の作品を集めた特別展があるとき、芳中(ほうちゅう)の作品も出品されるが数はほんの数点。だから、これまでみたものはほかの絵師と比べると圧倒的に少ない。

この状況がずっと続くものと思っていたら、流石、回顧展が得意の千葉市美、3年前開催した‘酒井抱一展’の勢いで‘中村芳中展’にまでチャレンジしてきた。エライ!お蔭で芳中にぐぐっと近づくことができた。

会期は一ヶ月ちょっと。二週間で作品が入れ替わる。作品は全部で216点、このうち芳中は120点ほど。最初のほうに展示してある扇面貼交屏風にはいろいろなモチーフが登場する。思わず足がとまったのが‘大根とくわい’、そしてある絵が頭に浮かんだ。それは若冲が描いた野菜の絵、茄子、南瓜などとともに大根、くわいがでてくる。

芳中というとすぐイメージするのが墨や色のたらし込み技法。それをとても美しく感じさせてくれるのが‘白梅図’、縦に伸びる枝ぶりと太い幹のどんとしたおさまりかたは生け花をみるようでもあり、また盆栽のイメージ。でも、そのフォルムはかなり前衛的。

今回の収穫は人物や動物を描いたもの、そのなかで長くみていたのが‘許由巣父・蝦蟇鉄拐図屏風’、画像は左隻の‘蝦蟇鉄拐図’、芳中もほかの絵師たちと同様に古代中国の話にでてくる人物を描いていた。二人の着ている衣服の模様にたらしこみが使われているので、妖怪のイメージが強まっている。

江戸にいるとき描いた‘光琳画譜’に登場する仔犬は宗達風でもあるし応挙風でもある。3匹ともじつに可愛い。仔犬同様、肩の力がすっとぬけるのが光琳の‘大黒図’、MIHO MUSEUMが所蔵するこの絵を長く追っかけていたが、ひょいと目の前に現れてくれた。ミューズに感謝!

|

« 5年ぶりの国宝‘風神雷神図’! | トップページ | ズームアップ 名画の響き合い! 1892年 »

コメント

会期が短い展覧会が多いですね。
トーハクのキトラ古墳も1ヶ月くらいですか。
僕は中村芳中、名前も知らなかったので是非是非千葉まで行きたいところですが、熱っぽくて体調優れないのでいかがなものかという状況です。
しかし、千葉は良心的ですよね。渋谷の松濤美術館、リニューアルしていきなりあの狭い美術館千円も取りますが、つい較べちゃいます。

投稿: oki | 2014.04.14 00:08

to okiさん
今月は忙しいです、岡田美の歌麿、東博のキトラ、
混雑を覚悟の上でしっかり見たいですね。

体あっての美術鑑賞ですから、無理はせずゆったり
すごしてください。

松濤美は長いこと行ってませんね。また日本民藝館
も遠のいてます。

投稿: いづつや | 2014.04.14 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千葉市美の‘中村芳中展’!:

« 5年ぶりの国宝‘風神雷神図’! | トップページ | ズームアップ 名画の響き合い! 1892年 »