« ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美の横顔美人がやって来た! | トップページ | 5年ぶりの国宝‘風神雷神図’! »

2014.04.11

予想外に収穫のあった‘のぞいてびっくり江戸絵画’展!

Img_0002     小田野直武の‘不忍池図’(重文 1770年代 秋田県近美)

Img_0004     円山応挙の‘眼鏡絵 三十三間堂’(1751~64年)

Img_0001     ‘西洋婦人図鞘絵’(19世紀 神戸市博)

Img 歌川広重の‘即興影法師尽し 根上りのまつ 梅に鶯’(1830~44年)

サントリー美の‘のぞいてびっくり江戸絵画’(3/29~5/11)はもともと出かける予定はなかったが、たまたまみたHPにより小田野直武(1749~1780)の‘不忍池図’が出品されることがわかったので、急遽出動した。いわゆる‘一点買い’というやつ。

この展覧会ではサントリーにしては珍しく158点の作品を前期(3/29~4/21)と後期(4/23~5/11)の2回に分けたすっきりスタイルでみせている。‘不忍池図’は前期の展示。この秋田蘭画を代表する絵は入室するとすぐ出迎えてくれる。長年追っかけてきたが、ようやくみることができた。

目を惹くのが構図。手前になぜか鉢植えの芍薬が大きく描かれている。花弁の白の胡粉と薄ピンクが異様に輝いているのがじつに印象的、そして、目が釘づけになるのが池にむかって長くのびる鉢の影。この陰影法は西洋画となんら変わりない。

こういう自然の風景を背景にした静物画をドラクロアやデ・キリコ、日本の洋画家の岡鹿之助らも手がけており、画面の構成が小田野のこの絵とよく似ている。ちがいは描写の細やかさ。‘不忍池図’では遠景に空を舞う鳥や人々を単眼鏡でないと確認できないくらい小さく描き込んでいる。

収穫がもうひとつあった。それは円山応挙(1733~1795)の描いた眼鏡絵の‘三十三間堂’、これは絵としてはみたことがあるが、西洋で発見されたのぞきからくりにどのようにみえるのかイメージできなかった。今回美術本に載っているような反射式覗き眼鏡が展示してあり、鏡に反射させた絵をレンズのむこうにみれるようになっている。これは嬉しい体験!

眼鏡絵自体が遠近法を使って描かれているので立体的にみえるが、レンズをのぞくとさらに臨場感が増し通し矢の場面がまるで3D映像のような感じにみえる。反射式では鏡に映すので絵はモチーフがはじめから左右逆に描かれている。

ほかの作品はこれまで目にしたものが多かったのでさらっとみた。4階から3階に降りたところに江戸時代の人たちが楽しんだエンターテイメントが再現されている。絵を切り抜いていろいろなものにこしらえる‘立版古’、奇妙にゆがんだ絵を丸い筒の形に写してみる人にその形の変化をおもしろがらせる‘鞘絵(さやえ)’。夢中になってみてしまうのが鞘絵、この装置のまわりを回ってみたり、体をかがめたりすると絵に描かれたおかしな人物がたしかにまともな姿にみえてくるから不思議。

歌川広重(1797~1858)の影絵にも思わず足がとまる。障子のうしろの影はどうみても根が張った松、その形は男が傘を頭にかぶりそして両手にいくつも持つことによってつくられたものだった。これをみて、浅草演芸場で芸人が扇を口や手に数多くくわえたりもったりする演技を思い出した。

|

« ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美の横顔美人がやって来た! | トップページ | 5年ぶりの国宝‘風神雷神図’! »

コメント

楽しい展覧会で、江戸の庶民の遊び心がわかりました。

眼鏡絵とか鞘絵から、大人国鏡やら小人国鏡やら、江戸時代の人にとっては、現代人の映画、テレビ、ゲームに当たる大変な娯楽だったのでしょう!

歌川広重の影絵など笑えますね。また歌川国芳の作品は、どうしてもアルチンボルドの絵と重なります。オランダから、版画などの影響が入ってきたのでしょうか。

その一方で、線的遠近法や空気遠近法などが取り入れられた絵画は、西洋と日本の絵画の融合が魅力的ですね。

投稿: ケンスケ | 2014.04.18 22:28

to ケンスケさん
江戸の人たちはビジュアルなエンターテイ
メントとしては西洋画からの刺激を受けた
眼鏡絵や浮世絵をおおいに楽しんでますね。

国芳のはめ絵はアンチンボルトから影響を
うけているのは明らかです。国芳は北斎と同じ
ように西洋絵画の技法を相当研究してます。
よく国芳が独自に思いついたなんてことを今だ
に言っている学芸員がいますが、あきれます。

国芳はそれらを貪欲に吸収して日本流の素材
でおもしろく表現しました、すごい才能だと
思います。

北斎、国芳、広重は豊かな感性と卓越した技に
より絵画の可能性を浮世絵という表現スタイル
で追及しました。やはり天才ですね。

投稿: いづつや | 2014.04.19 01:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予想外に収穫のあった‘のぞいてびっくり江戸絵画’展!:

» 「のぞいてびっくり江戸絵画」/サントリー美術館 [京の昼寝〜♪]
「のぞいてびっくり江戸絵画」/サントリー美術館 【東京ミッドタウン(2014/4/19撮影)】 以前、江戸東京博物館で江戸時代のldquo;だまし絵rdquo;を見たことがありました。また、海外の作品でも、こうしたトリック絵画の展覧会を、確か渋谷は文化村のザ・...... [続きを読む]

受信: 2014.04.29 08:28

« ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美の横顔美人がやって来た! | トップページ | 5年ぶりの国宝‘風神雷神図’! »