« 歌麿の‘深川の雪’と対面! | トップページ | ズームアップ 名画の響き合い! 1894年 »

2014.04.17

上質の岡田コレクション!

Img_0001     尾形乾山の‘色絵紅葉文透彫反鉢’(18世紀)

Img_0002     ‘青磁象嵌雲鶴菊文瓢形水注’(高麗時代 13世紀)

Img_0004         伊藤若冲の‘花卉雄鶏図’(18世紀)

Img_0005     東山魁夷の‘朝の聖堂’(1971年)

特別公開の‘深川の雪’をみたあと、岡田美の所蔵作品も一通りみた。実業家岡田和生氏が蒐集した日本と東洋の美術品のなかで以前みたことがあるのは2点だけ。驚くのはその数を多さだけでなく、目の前に現れる絵画や陶磁器、工芸品にいいものが多いこと。だから、見終わるのに予定の倍の時間がかかった。

残念なことにコレクションを掲載した図録がないので、販売している絵葉書に選ばれた作品しか紹介できない。4点だけではコレクションの質の高さを十分に伝えきれないので、足がとまったものを記憶違いがあるかもしれないがざっとまとめておきたい。( )の数字は作品の数

<絵画>
雪村(1) 狩野探幽(1) 狩野山雪(1) 狩野秀頼(2) 俵屋宗達(1) 尾形光琳(2) 酒井抱一(1) 鈴木其一(1) 鈴木守一(2) 池田孤邨(1) 神坂雪佳(2) 円山応挙(1) 長沢蘆雪(2) 呉春(2) 伊藤若冲(2) 曽我蕭白(2) 与謝蕪村(1) 森狙仙(2) 原在中(1) 谷文晁(1) 渡辺崋山(1) 浦上玉堂(1) 喜多川歌麿(2) 葛飾北斎(2) 歌川広重(2)

橋本雅邦(1) 横山大観(2) 菱田春草(1) 下村観山(1) 上村松園(4) 村上華岳(1) 速水御舟(1) 小林古径(1) 前田青邨(2) 松林柱月(1) 東山魁夷(1) 森本草介(1)

<陶磁器・工芸品> 
野々村仁清(4) 尾形乾山(6) 古九谷(10) 鍋島(10) 志野(1) 織部(1) 絵唐津(1) 板谷波山(2) 唐三彩(6) 砧青磁(3) 天目茶碗(2) 豆彩(3) 青磁象嵌(5) 薩摩切子(2) 

尾形乾山(1663~1743)の‘色絵紅葉文透彫反鉢’は同じモチーフを扱ったものが数点あるが、これが最もいい。ずっと個人蔵としてインプットされておりこれまで3度みたが、岡田コレクションだったとは!光琳との合作の角皿も1点あった。乾山の横に飾ってある仁清もいいのがある。

高麗時代につくられた‘青磁象嵌雲鶴菊文瓢形水注’は絶品。思わず、‘うわー!’と唸ってしまった。ほかにも清時代の大きな豆彩に目が釘付けになった。 

絵画はこんなにいい絵をもっているの!という感じ。伊藤若冲(1716~1800)の‘花卉雄鶏図’は手元にある画集に載っていない作品。もう一点ある戯画‘三十六歌仙図貼絵貼屏風’もはじめてお目にかかった。これは収穫。蕭白の2点もインパクトのある絵。

明治以降に活躍した画家の作品では上村松園の4点がすばらしい。そして、逸品室と名のついたコーナーに展示してあった東山魁夷(1908~1999)の‘朝の聖堂’にも大変魅了された。また洋画家の森本草介が一点あった。草介の絵は現在号100万円だから、この女性の絵はおそらく1億円を超えている。

|

« 歌麿の‘深川の雪’と対面! | トップページ | ズームアップ 名画の響き合い! 1894年 »

コメント

いつもブログを拝読しております。
青磁象嵌雲鶴菊文瓢形水注の写真を見て、うわー と声をあげてしまいました。美しすぎます。
読み進めていきましたら、「思わず、‘うわー!’と唸ってしまった」と書かれてあり、思わず笑ってしまいました。
私も岡田美術館で実物を見て来たいです。

投稿: 星紬婆 | 2014.04.18 07:30

to 星紬婆さん
この青磁象嵌の水注はいいですよね、びっくり
しました。安宅コレクションに高麗時代のいい
青磁象嵌がありますが、このときと同じように
いい気持になりました。是非ご覧になってくだ
さい。

投稿: いづつや | 2014.04.18 13:03

あるアートのコミュでは、岡田美術館に行かれた方が、携帯も預けなければいけないと怒っておられましたが、本当ですか?
携帯は電源を切れば済む話に思えますがー。
かなり大きい美術館のようですね。
図録は今作製中なのかな、収蔵品図録作るのは美術館の使命の一つと心得ます。
明日から大型展覧会ラッシュですが、いづつやさん出動予定は?

投稿: oki | 2014.04.18 23:16

to okiさん
携帯電話、カメラの持ち込みはNGです。展示室
は1階から5階まで監視員が一人もいません。
そのため携帯で作品を撮られるのが嫌なんで
しょう。

図録は今作成中か聞きませんでしたが、あえて
図録をつくらない考えかもしれません。図録で
ながめれば二度もでかけることもないと思う人
もいるでしょうから。

来週はキトラをみるため23日に出動します。

投稿: いづつや | 2014.04.19 01:17

うーむ、監視員がいないって、広い館内で、急に倒れたり、気分が悪くなったり、お客様同士のトラブルがあったらどうするんでしょう?
監視員は単に見張り役とは違うと思うのですが?
足湯が楽しめるとも、コミュの人言っていましたが楽しみましたか?

今日、こども展行ってきました。
いづつやさんは出動予定はなしでしたっけ?
千足先生の監修です。
ピカソがこどもを描いた作品とフランソワーズ ジローが同じこどもを描いた作品を並べたり、心憎いばかりでした。

投稿: oki | 2014.04.19 23:42

to okiさん
足湯は無料です。多くの人が大きな風神雷神図
をみながら足湯してました。コーヒー(400円)
も注文するともってきてくれます。これはいい
アイデアですが、今回はパスしました。

子ども展はチラシにグッとくる絵がなかったので
出かける予定はなしです。

投稿: いづつや | 2014.04.20 00:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上質の岡田コレクション!:

« 歌麿の‘深川の雪’と対面! | トップページ | ズームアップ 名画の響き合い! 1894年 »