« ズームアップ 名画の響き合い! 1882年 | トップページ | ズームアップ 名画の響き合い! 1883年 »

2014.03.22

鶴竜 初優勝・横綱へ前進!

Img      白鵬を寄り切りで破った鶴竜

Img_0001       大一番を制し初優勝・横綱へ前進

大相撲3月場所は14日目、12勝1敗で並んだ横綱白鵬と大関鶴竜が結び前に激突、勝ったのは鶴竜、これで鶴竜は単独トップに立ち明日千秋楽に琴奨菊に勝てば念願の優勝をかちとり同時に横綱へ昇進する。

今日の一番は鶴竜の闘志が白鵬を圧倒した。立ち合いから激しく突っ張り、下から休まず攻め白鵬にいい形にさせない。昨日の琴奨菊戦で右手を痛めているためか白鵬は防戦一方、最後は鶴竜が渾身の力で寄り切った。力の入った本当にいい相撲だった。

鶴竜の優勝はこれで決まりだろう。明日の対戦相手の琴奨菊は今日日馬富士を破り勝ち越したので、鶴竜に勝つエネルギーは残ってないはず。それにしても日馬富士にしても鶴竜にしてもモンゴル勢は強い精神力をもっている。プレッシャーを感じるどころか目の前にある横綱昇進という大きなチャンスをなんとしてもつかみとるんだと、もてる力を全部出している。プレッシャーに弱い稀勢の里とは大違い。

大関になってからの鶴竜は優勝争いに絡むことなく、成績もあがらなかった。が、先場所から相撲がどっしりしてきた。これは体重が7キロくらい増えたことが大きく影響している。以前は軽量の日馬富士にくらべてもあまり変わらない体つきだったが、今はふたまわりくらい大きくなった感じ。

もともと鶴竜は四つの型はいいものをもっており投げはよく決まる。今場所はこれに突っ張りが力強く、相手を寄り切りや押し出しで勝負をつけることが多くなった。とにかく相撲に力強さと安定感がでてきた。相撲取りはひとつのきかっけでものすごく強くなることがよくある。鶴竜も体重の大幅アップによりここ2場所で一気に強くなった。実力横綱になる可能性は十分ある。

|

« ズームアップ 名画の響き合い! 1882年 | トップページ | ズームアップ 名画の響き合い! 1883年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴竜 初優勝・横綱へ前進!:

« ズームアップ 名画の響き合い! 1882年 | トップページ | ズームアップ 名画の響き合い! 1883年 »