« 東京でみれないギメ東洋美蔵の歌麿! | トップページ | ズームアップ 名画の響き合い! 1876年 »

2014.02.24

ソチ五輪閉幕!

Img       ソチ五輪閉幕

Img_0001     フリーでトリプルアクセルを成功させた浅田真央

Img_0002    会心の演技にうれし泣きをしたあと満面の笑みをうかべる真央ちゃん

冬の競技を存分に楽しませてくれたソチ五輪が終了した。オリンピックはやはり最高のスポーツの祭典。今回日本が獲得したメダルの数は8個と長野大会に次ぐ立派な成績だったが、6つの種目でメダリストが誕生したのでバンクーバーのときより感動の総量は3倍くらいあった。

どの大会でも勝敗の行方は戦前の予想通りにはいかない。金メダルを期待されたのはジャンプ女子の高梨沙羅ちゃん、スピードスケート男子500mの長島&加藤、そしてフィギュア女子の浅田真央ちゃん。17歳の沙羅ちゃんはW杯で飛ぶたびに優勝し話題をさらっていたので、天才ジャンパーの称号をこの大会でもらうのではないかと思っていた。が、シナリオ通りにはいかなかった。

ジャンプの技術はトップレベルにあったのに4位にとどまったのだから、五輪のプレッシャーが沙羅ちゃんの体を極度に硬くさせたとしかいいようがない。自信にあふれた顔つきではなく明らかに緊張していた。あれだけW杯で勝っていたら誰だって金メダルを夢みる。今回はダメだったが、もう2回くらい出場しそうだから、そのとき力強いジャンプをして2個金をゲットすればいい。沙羅物語はとりあえずリセット。

スピードスケートの500mは加藤の金を期待していたが、パワフルなオランダ勢の前に完敗だった。ところで、どうしてオランダは男女ともこんなに強くなったの?バンクーバーでは7個(金3個)のメダルだったのが、なんと23個も獲得、うち金が8個だからすごい。この勢いは当分続く予感がする。日本が得意とする500m、立て直せるだろうか?長野で金メダルを獲った清水が朝日に内部批判の記事を寄せていたが、スピードスケート界は組織運営がどうもうまくいってない様子。

浅田真央ちゃんは悲しみと感動の2日間だった。ショートプログラムはまさかの16位、素人の目にもこれでは低い技術点がでても仕方ないなと思えた。ところが、真央ちゃんはやはり世界の真央ちゃんだった。フリーではほかの誰もできないトリプルアクセルを成功させるとそのあとの3回転ジャンプも次々と力強く決めていく。

もう前日とは別人のように体は思い通りに動くのでラフマニノフの名曲、ピアノ協奏曲2番の美しいメロディーがその芸術性豊かな表現力を引き出してくれる。トリプルアクセルがうまくとべたのでバンクーバーのあと身につけた技術がプログラム通りにでてくる感じ。見事な回復力、これはすごい!メダルは逃したが、世界中のフィギュアファンの心を虜にした真央ちゃん。まさに美しきフィギュアの華! 

|

« 東京でみれないギメ東洋美蔵の歌麿! | トップページ | ズームアップ 名画の響き合い! 1876年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソチ五輪閉幕!:

« 東京でみれないギメ東洋美蔵の歌麿! | トップページ | ズームアップ 名画の響き合い! 1876年 »