« ベレゾフスキーのラフマニノフ・ピアノ協奏曲第2番! | トップページ | 遠藤 琴欧洲を破り10勝目! »

2014.01.23

マー君 ヤンキース入り!

Img

Img_0001       ヤンキースと7年契約を結んだマー君

注目のマー君の移籍先がヤンキースに決まった。契約金額がスゴイ、7年総額161億円。ヤンキースは楽天に移籍金20億円を払うからマー君を獲得するために181億円の投資をしたことになる。これは裏を返せばヤンキースが先発陣に対してかなりの危機感を感じていることのあらわれでもある。

獲得の意思を表明した7つの球団のなかからヤンキースを選んだのはアリーグがDHをとっていることも理由のひとつだろう。パリーグでプレーしたから大リーグでも投げることに専念できるチームのほうがいいはず。年俸がダルビッシュの倍くらいになるが、これはそのときの事情の違いでこうなったことだから実力と絡めて比べないほうがいい。マー君だって自分がダルビッシュより上だとは思ってないだろう。

今シーズン、ヤンキースの先発陣は4人が確定、黒田、サバシア、マー君、ノヴァの順で登板すると思われる。黒田は今年も期待したいところだが、昨年の後半のような敗けが続くことがないとはいえない。そのときマー君へ過度に期待するのは酷。ダルビッシュだって1年目の前半は球のちがい、マウンドの固さに慣れるのに苦労した。

新戦力の野手は捕手とセンターとライト、移籍したのは打撃の中心だったセカンドのカノーと外野のグランダーソン、そしてアウトがAロッド。そうなると打線の鍵を握っているのは復活組のジータ―とファーストのタシエラと新顔のマッキャン。もしこの3人が調子に乗れないと打線は苦しい。ジータ―はちょっと心配だからタシエラがシーズンを通して活躍しないと優勝は難しい。

1番を打つレッドソックスから移籍してきたセンターのエルズベリーは大きな戦力、足が速いからあとは主軸のロングがどのくらいでるかでゲームの勝ちが左右される。その軸となるのがタシエラ。ナリーグから移ってきたライトのベルトランと捕手のマッキャンの2人がコンスタントに打つかは?

タイガースのカブレラのような選手や絶対的なクローザーが今ヤンキースにはいないので、マー君がどんどん勝てるということはないだろう。15勝が一年目の目標になる。12、13勝だったら大ブーイングだろうな、マー君はこのプレッシャーに負けずがんばってほしい。今年はダルビッシュ、黒田、マー君、岩隈の応援で忙しくなりそう。

|

« ベレゾフスキーのラフマニノフ・ピアノ協奏曲第2番! | トップページ | 遠藤 琴欧洲を破り10勝目! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マー君 ヤンキース入り!:

« ベレゾフスキーのラフマニノフ・ピアノ協奏曲第2番! | トップページ | 遠藤 琴欧洲を破り10勝目! »