« 2度目の‘下村観山展’! | トップページ | 期待の高まるバルテュス展、ホイッスラー展! »

2014.01.30

若い女性研究者が新しい万能細胞の作製に成功!

Img     STAP細胞を発見した小保方晴子さん

Img_0001     マウスのリンパ球からつくられたSTAP細胞

日本の若い女性研究者が新しい万能細胞を発見したというニュースが昨夜ネットで流れ、今日は朝からTV各局が一斉に報じている。世界の科学者たちを驚かすすごいことをやってのけたのは神戸の理化学研究所に所属する小保方晴子(おぼかたはるこ)さん、まだ30歳のとてもチャーミングな女性。

研究者というと医者と同じように白衣を着ている人というのが一般的なイメージだが、この女性はおもしろいことに祖母からもらったかっぽう着姿で電子顕微鏡を覗いている。これは親しみを覚える。2012年ノーベル賞に輝いた山中伸弥教授の発見したiPS細胞とは違う万能細胞をこのかっぽう着研究者が日本料理をつくるようにつくりだしたという話はTV局のスタッフの制作意欲を刺激することはまちがいなく、すぐにでも‘STAP細胞誕生物語’ができるのではなかろうか。

新しい万能細胞は体細胞を酸につけたり、細い管を通したり、毒素を加えたりといった刺激を与えるだけで生み出せることがわかった。あまりに簡単すぎてマジックみたいな話。だから、論文を投稿した小保方さんに対し英科学誌ネイチャーのレフリーが‘あなたは何百年にもわたる細胞生物学の歴史を愚弄している’と相手にしなかったのも無理はない。画期的な発明というのはいつに時代でも定説や常識との戦い。

STAP細胞は次のステップとして人の細胞の研究へと移行していくからハードルは高くなるが、熾烈な競争により万能細胞が生まれるメカニズムの解明に拍車がかかることだろう。人の命を救い、重い病気の治療に貢献する再生医療や薬の開発にまた新たな道が開かれようとしている。少ない知識ながら生命の不思議さにぐっと心が寄っていく。

|

« 2度目の‘下村観山展’! | トップページ | 期待の高まるバルテュス展、ホイッスラー展! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若い女性研究者が新しい万能細胞の作製に成功!:

« 2度目の‘下村観山展’! | トップページ | 期待の高まるバルテュス展、ホイッスラー展! »