« ミュシャの‘ジョブ’に影響を与えた浮世絵! | トップページ | パリ ピカソ美術館の忘れもの! »

2013.12.09

いつか行きたい美術館!  パリ カルナヴァレ美

Img     パリ 美術館MAP(拡大で)

Img_0001          カルナヴァレ美術館

Img_0002               ミュシャがデザインした‘フーケ宝飾店’

Img_0003      羽が色ガラスで装飾された孔雀

BS朝日の‘世界の名画 世紀末パリ ミュシャの旅’にとても気になる美術館がでてきた。名前だけはインプットされているカルナヴァレ美。場所はポンピドゥーセンターの右のほう。この美術館の少し先にあるバスティーユ広場は一度うろうろしたことがあるが、美術館のあるマレ地区は未開拓ゾーン。

カルナヴァレ美にある美術品の情報はほんのわずか、惹かれる絵画とか追っかけ画がここにあるわけではない。だから、今後パリを訪問することがあったとしても、ここへ足を運ぶことはまずなかった。だが、‘ミュシャの旅’をみて気が変わった。ここには驚愕するアール・ヌーヴォーの美の世界があった!

3年前堺市が所蔵するミュシャコレクションを展示するミュシャ展を体験し、ルビーやオパールが使われた‘蛇のブレスレットと指輪’を目を丸くしてみた。これはサラ・ベルナールのためにミュシャがデザインし宝石職人のフーケがつくったもの。フーケについての知識はここまで。この職人の店のことは番組をみるまで知らなかった。

19世紀末多くのセレブ客たちで賑わったに違いない‘フーケ宝飾店’、この店の入り口から内装、インテリアまでミュシャがすべてデザインした。そのアール・ヌーヴォーの殿堂と呼ばれた宝飾店が当時のままこの美術館に移築されていた!これはすごいものがあった。目を惹くのが中央の暖炉の上に飾られた羽を大きく広げる孔雀、その羽は色ガラスで装飾されている。

以前どこかの局で放送された美術番組に高級レストラン‘マキシム・ド・パリ’の2階にある‘アール・ヌーヴォー美術館’(レストランの直営)が登場し、ガレのつくったテーブル、ルイス・ティファニーのランプ、ガウディのデザインしたソファなどがでてきた。このとき、いつかここを訪れようと思ったが、これと同じくらいの衝撃を‘フーケ宝飾店’にも感じた。こういうときはすぐミューズに深い祈りをささげることにしている。アール・ヌーヴォー全開の魅惑の空間に身をおくことができますようにと。

|

« ミュシャの‘ジョブ’に影響を与えた浮世絵! | トップページ | パリ ピカソ美術館の忘れもの! »

コメント

今晩は、初めまして。
カルナヴァレ美術館と聞き懐かしくて思わず筆を取りました(キーを叩きました 笑)
かれこれもう20年以上前になりますが、当時フランス革命のことに興味があってここを訪れたことがあります。そしてアールヌーヴォー風の部屋々々を展示資料を見ながら巡るうち、図らずも、とあるコーナーにマルケの一点「雪の中のノートルダム大聖堂」がさりげなく架けられていましたが、その粋ですばらしい絵を、折りしも外は雪がちらつき、凍てつく冬の震い付きたくなるように魅力的なパリの情趣の中で見られた思い出は、未だに脳裏から離れずにいます。

ということで、もしマルケがお好きでしたら、今度行かれました節は是非お見逃しなきよう。(でも雪景色の絵ですから冬期以外は展示されないかもしれません)
話はアール・ヌーヴォーのこととはあまり関係ないのですが一応ご参考までに。ではまた。

投稿: minchou | 2013.12.10 04:03

to minchouさん
カルナヴァレ美の近くのあるピカソ美は訪問した
ことがあるのですが、このあたりはほとんど知ら
ないところでした。カルナヴァレ美にアール・
ヌーヴォーの世界があるなんて‘じぇじぇじぇ’
です。

絵画情報はほんの1,2点知っている程度ですが、
マルケがありますか!マルケの作品は見る機会が
少ないのですが、エルミタージュにある海の絵
などが印象に残ってます。

もしカルナヴァレ美に行くことがあったらマルケの
絵も忘れずにみようと思います。生の情報、本当に
ありがとうございます。

投稿: いづつや | 2013.12.10 11:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/58728866

この記事へのトラックバック一覧です: いつか行きたい美術館!  パリ カルナヴァレ美:

« ミュシャの‘ジョブ’に影響を与えた浮世絵! | トップページ | パリ ピカソ美術館の忘れもの! »