« 夢のマネ追っかけ旅行 ドイツ! | トップページ | わくわくワールドツアー! 観光客の数が8000万をこえるフランス »

2013.11.28

イッピン 益子焼!

Img     濱田友緒の‘コーヒーカップ’

Img_0001      濱田友緒の塩窯で焼いた作品

Img_0002_2     益子焼の‘手洗い鉢’

Img_0003        モダンなデザインの手洗い鉢

今週火曜日に放送されたBSプレミアムの番組‘イッピン’(夜7時30分~8時)を楽しくみた。現在を生きる職人たちの熟練された手業にスポットをあてたこのイッピンは1年くらい前にはじまったが、お気に入りの番組なので関心のあるやきものなどがでてくるときは釘づけになってみている。今回とりあげてくれたのは栃木県の益子焼。

7,8年前益子へ出かけたが、どういうルートでクルマを走らせたかよく覚えていない。で、益子町のHPを検索してみた。アクセスの案内によると、三郷から常磐自動車道を北上し、友部JCTで北関東自動車道に入り桜川築西ICで降りる。そして県道41線を走るとICから益子までは20分で到着。地図をみると益子は以前よくでかけた笠間の上のほうにある。暖かい季節になったらまた訪問してみたい。

この番組で益子焼の現状がよくわかった。原宿にある洋服や雑貨を扱うセレクトショップでは若い人の間で色やデザインがモダンな益子焼は人気がありよく売れているという。ここに作品をだしているのが濱田庄司の孫の濱田友緒。

この人の作品は8年前京都の大山崎山荘美で開催された展覧会(拙ブログ05/11/20)でお目にかかったが、一目見て魅了された。とにかく造形が斬新で色のセンスがとてもいい。濱田庄司のDNAは息子ではなく孫に受け継がれたという感じ、世にいう隔世遺伝というやつ。そのあと作品をみる機会がなかったが、TVでその最新作の一端に接することができた。美術館めぐりで原宿の近くにでかけた際はセレクトショップをのぞいてみようと思う。

番組で案内役をつとめるモデルの女の子が訪問したショールームに興味深いものが飾ってあった。それは益子焼の‘手洗い鉢’。直径は35㎝以上ある。こうした陶器製のものはレストランとかホテルで時々みかけるが、今では個人の住宅にとりつける人が増えてきているらしい。値段が3~4万円で、オーダーメイドで大きさ、形、デザインが自由に選べるという。

大きなやきものがつくれる職人の確かな技と日常生活に潤いをあたえる現代感覚の色彩とデザインがうまく合致し新しい益子焼が誕生した。進化する益子焼の姿にとても刺激を受けた。

|

« 夢のマネ追っかけ旅行 ドイツ! | トップページ | わくわくワールドツアー! 観光客の数が8000万をこえるフランス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イッピン 益子焼!:

« 夢のマネ追っかけ旅行 ドイツ! | トップページ | わくわくワールドツアー! 観光客の数が8000万をこえるフランス »