« アートに乾杯! 雨が降ってきた | トップページ | スイス物語  チーズフォンデュ! »

2013.09.04

わくわくワールドツアー! スイス マッターホルン

Img_2          マッターホルンのみえる街 ツェルマット

Img_0001_2           登山鉄道 ゴルナーグラート鉄道

Img_0002_2         ゴルナーグラートの展望台からみるマッターホルン

Img_0003_2             絶景 マッターホルン 

2日前、BSTBSでとてもありがたい番組があった。‘世界一周魅惑の鉄道紀行’ははじめてみたが、今回はスイスマッターホルンだったので目に力が入った。

若い頃スイスのジュネーヴに住んでいて、アルプスの絶景と縁があった。マンションの窓から年に数回モンブランがみえ、マッターホルンを真近で見ることができた。番組の構成はチューリヒから出発する列車に乗ってツェルマットまで行くのが前半、そして後半はそこから登山鉄道に乗り換え、マッターホルンの雄姿が眼前にみえる終着駅のゴルナーグラートまで。

スイスにいたときジュネーブからはクルマでツェルマットに入ったところは違うが、ツェルマットからは同じ。もちろん当時と車両は異なっている。ツェルマットの街の様子はもうすっかり忘れているが、登山者が多くみられるのは昔も今も変わらない。

登山鉄道は終点のゴルナーグラート駅(標高3089m)まで何回停車したか、そして何分くらいで着いたかはよく覚えてない。が、ホテルのそばにある展望台がでてくると当時の感動がよみがえってきた。そう、目の前にすばらしいマッターホルン(4478m)があった!この眺めを目にすることができたのは一生の思い出。

山の天候はよく変わるので下で晴れていてもここにやってくるとマッターホルンには雲がかかっていた、なんてことはよくある話。また、逆のケースもある。われわれのときはツェルマットでは曇っていて今日はダメかなと思って登ったが、展望台に着くと幸運にもマッターホルンはそのカッコいい姿をみせてくれた。

スイスは第二の故郷、もう一度訪問しマッターホルンを仰ぎみたい!

|

« アートに乾杯! 雨が降ってきた | トップページ | スイス物語  チーズフォンデュ! »

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 履歴書の封筒の書き方 | 2013.10.09 10:22

to 履歴書の封筒の書き方さん
またお楽しみ下さい。

投稿: いづつや | 2013.10.09 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わくわくワールドツアー! スイス マッターホルン:

« アートに乾杯! 雨が降ってきた | トップページ | スイス物語  チーズフォンデュ! »