« 美術に魅せられて! コンスタブル展は実現するだろうか? | トップページ | ビッグニュース! キトラ古墳壁画 東博で来春公開 »

2013.09.17

わくわくワールドツアー! ローマ―パレルモ列車の旅

Img

Img_0001       テルミニ駅から発車するインターシティナイト

Img_0002       フェリーに乗り込む列車

Img_0003       フェリーの中できれいに並んだ客車

BS放送をみている人ならお気づきのように国内外の旅の番組がとても多い。その全部をウオッチしているわけではないが、これまで出かけた海外の名所スポットなどがでてくるときは楽しくみている。今日は偶然チャンネルが合った番組でびっくり仰天した鉄道路線の話。

その番組は7/3にBS日テレで放送された‘ちょっと贅沢! 欧州列車旅行 美の宿るローマ’、前半はベルリーニの彫刻作品に焦点を当てローマ観光の定番スポットをめぐり、最後の15分くらいがテルミ二駅を発車しシチリアのパレルモまで行く夜行列車、インターシティナイトの紹介に充てられている。

テルミ二駅は3年前2回ローマへ行ったとき宿泊ホテルが駅の近くにあったので、駅内を気楽に歩けるようになった。インターシティナイトは21:20に発車する。最初のナレーション、‘ローマーパレルモの距離は900㎞、乗り換えなしで13時間半の列車の旅’、ここで?だったのが‘乗り換えなし’、シチリア島へは海を渡らなければいけないのだが、この疑問は番組の最後の最後で解けた。

ブーツの形をしたイタリアのつま先の街、ヴィラサンジョバンニに列車が到着するのは夜明け前の4:50、ここから先は海を渡らなくてはならない。さて、どうなるの?この列車は、レールの先には大きな口をあけたフェリーがあった!ええー、列車をまるごとフェリーに載せるの?!目が点になった。こんな光景をみたのははじめて。フェリーに乗り込むのはクルマとかトラックというイメージができあがっているから、列車まで運ぶというのは想像できなかった。

このフェリーはたぶん列車専用のフェリー、切り離された客車はきれいに並んでいる。確かにお客は乗り換えなし、客車のなかにずっといればいい。海を渡り終えたらまた縦に長い列車になり、目的地のパレルモを目指して走っていく。

シチリアを訪れるには飛行機だけでなく列車を利用するというオプションもあった。こういうフェリーを体験するのもおもしろいかもしれない。

|

« 美術に魅せられて! コンスタブル展は実現するだろうか? | トップページ | ビッグニュース! キトラ古墳壁画 東博で来春公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わくわくワールドツアー! ローマ―パレルモ列車の旅:

« 美術に魅せられて! コンスタブル展は実現するだろうか? | トップページ | ビッグニュース! キトラ古墳壁画 東博で来春公開 »