« アイシャドーをつけた鳴門の鯛! | トップページ | 連ドラ‘半沢直樹’(最終回)視聴率42.2%! »

2013.09.23

美術に魅せられて! 高額絵画ベスト3

Img_0005_2     セザンヌの‘カード遊びをする人たち’(1892~96年)

Img_0002_2     ピカソの‘夢’(1932年 NY ガンツコレクション)

Img              ポロックの‘No.5 1948’(LA ジェフェンコレクション)

世界的に有名な画家が描いた絵画の値段は一体どのくらいなのか?美術ファンなら誰しも気になるところ。コレクターは絵画マーケットの常連だから、どの絵に高値がつくということは知っており相場の動きにも敏感。でも、普通のアート愛好家にはこの金額情報は縁がうすく、時々メデイアで報じられたオークションでの高額落札を耳にするくらい。

先週の金曜、偶然みたTV番組に‘高額絵画ベスト3’というのがでてきた。だが、この番組はいつもみている美術番組ではなく日テレの‘ネプ&イモトの世界番付’。こういうバラエティ番組で知りたかった絵画のお値段がわかるのだから、情報のチャンネルは広くしておくことに限る。そのびっくり仰天の金額とは!

1位 セザンヌの‘カード遊びをする人たち’   246億円
2位 ピカソの‘夢’                  153億円
3位 ポロックの‘No.5 1948’          138億円

2010年ロンドンのコートールド美を訪問したとき‘セザンヌ カード遊びをする人たち’展に遭遇した。展覧会の図録には展示されてない作品も載っており、これによって画像の絵の存在を知った。これはセザンヌ(1839~1906)が5点描いた‘カード遊びをする人たち’のなかの1枚で、個人が所蔵している。

番組によるとこの絵があるのは中東、確かカタール?よく覚えてない。アラブの富豪コレクターがなんと245億円で手に入れていた!

ピカソ(1881~1973)の‘夢’はお気に入りの絵。この金額に即納得。NYでこの絵と対面するのが一生の夢だが、ガンツコレクションが公開されることがあるのかまだ確認していない。何年か先に計画しているNYのギャラリーめぐりのときまでには情報を入手するつもり。

ポロック(1912~1956)もオークションで高値がつくアーティスト、まだ縁がない‘No.5 1948’は138億円でLAのアメリカ人コレクターが購入している。

ベスト3は皆個人の所有だから、縁遠い絵であることはわかっている。が、ひょっとしてお目にかかれるかもしれないという気持ちをなくしたら、その瞬間に絵は闇のなかに消えていく。だから、追っかけマインドだけは切らさないようにしている。

|

« アイシャドーをつけた鳴門の鯛! | トップページ | 連ドラ‘半沢直樹’(最終回)視聴率42.2%! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美術に魅せられて! 高額絵画ベスト3:

« アイシャドーをつけた鳴門の鯛! | トップページ | 連ドラ‘半沢直樹’(最終回)視聴率42.2%! »