« ‘印象派を超えて 点描の画家たち’展に注目! | トップページ | ‘カイユボット展’でお目当ての作品と会えるか? »

2013.08.30

来週から期待の‘竹内栖鳳展’!

Img

Img_0003               ‘おぼろ月’(1928年 京近美)

来週から東近美で‘竹内栖鳳展’(9/3~10/14)がはじまるので、忘れないうちにローソンで前売り券(1100円)を購入した。買ったのは一枚。前期・後期のどちらか、いの一番の追っかけ画があるほうへ出かける作戦。

で、美術館のHPで出品リストをみてみた。すると、予想の2倍くらいすごい回顧展であることがわかった。そのため、チケットをもう一枚手に入れることにした。赤丸の絵はチラシに載っている‘金獅’、この絵は通期展示される。リストにはほかにもびっくりする絵があった。

それは‘おぼろ月’、この作品は展覧会そのものは体験してないのだが1989年に日本橋の三越で開かれた‘昭和の日本画100選展’の図録(発行 朝日新聞社)で絵の存在を知った。竹内栖鳳(1864~1942)はこれと‘城外風薫’の2点が選ばれている。

じつはこの図録が近代日本画のバイブル、ここに載っている作品を20数年追っかけてきた。これまでみたの85点。そこにやっと‘おぼろ月’が加わることになった。この絵が東近美の回顧展には出てくることは想定してなかった。というのはこれは個人コレクションだから。ところが、リストをみると京近美の所蔵になっていた!?

所有者が京近美に売却したのか寄贈したのか、あるいは寄託しているのか、栖鳳は京都の画家だからこの絵をもっていた(いる)のは京都在住の人かもしれない。そうすると美術館に寄贈したということも十分ありうる。

いつかみたいと願っていた‘おぼろ月’(通期の展示)、ようやく対面が実現する。この絵の出現で展覧会に対するテンションがぐっと上がってきた。

|

« ‘印象派を超えて 点描の画家たち’展に注目! | トップページ | ‘カイユボット展’でお目当ての作品と会えるか? »

コメント

竹内栖峰勿論期待大ですが、会期が短すぎますね。
一ヶ月ちょっとでしょ、展示替えするなら、2ヶ月やってもらわないと。
おぼろ月夜、行く前に記憶に留めておきますね。
楽天田中また勝った、怖いものなしだな。

投稿: oki | 2013.08.31 00:32

to okiさん
この回顧展は狩野永徳展や長谷川等伯展ばり
の展示日程ですね。40日ですべてみせます
というスタイル。2回出動することになり
そうです。

マー君がんばりますね。

投稿: いづつや | 2013.08.31 14:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来週から期待の‘竹内栖鳳展’!:

« ‘印象派を超えて 点描の画家たち’展に注目! | トップページ | ‘カイユボット展’でお目当ての作品と会えるか? »