« 心が躍る‘プーシキン美展’ | トップページ | 想定外のサプライズ作品はドニとマティス! »

2013.07.09

プッサン、ブーシェ、アングルが日本でみられる幸せ!

Img     プッサンの‘アモリびとを打ち破るヨショア’(1624~25年)

Img_0002_2     ブーシェの‘ユピテルとカリスト’(1744年)

Img_0003_3     アングルの‘聖杯の前の聖母’(1841年)

Img_0005     セザンヌの‘パイプをくわえた男’(1893~96年)

フランス絵画300年と銘打った‘プーシキン美展’、今回やってきた66点は現地では本館と別館(2006年開館)にわけて展示されている。印象派とかマチス、ピカソらの作品があるのは別館でそれ以前のものは本館にある。

旅行会社が企画するロシアツアーではよくプーシキン美入館が含まれている。この場合だいたい別館のほう。こちらにはルノワール、ゴーギャン、ゴッホ、モネ、セザンヌら人気の画家の名画がずらっと揃っているのでパリのオルセーと同じくらい大きな満足が得られるにちがいない。

では本館にある作品はどうかというと、BS朝日の‘世界の名画’をみたかぎり一見の価値がありそうな作品がここにもあそこにもという感じ。その中からやって来た絵のなかで思わず足がとまるものがいくつかあった。

展示室に入ってすぐ出迎えてくれるのがプッサン(1594~1665)の‘アモリびとを打ち破るヨショア’。日本でプッサンの絵をみたのは何年か前あった‘ベルリン美展’(西洋美)一回だけ。このときの作品と比べてみると‘ヨショア’のほうに軍配があがる。ヨショアの勢いにおされて不安な表情をみせながら戦かう右の男をみていると、ルーヴルにある‘サビニの女たちの略奪’の緊迫した場面が頭をよぎる。この絵は08年METで遭遇した‘プッサン展’(拙ブログ08/5/9)に出展されなかった。こんないいプッサンが日本でみれるなんて夢みたいな話。

ブーシェ(1703~1770)の絵も魅力いっぱい。ぱっとみるとロココの甘い香りのする女性画。こういうほわっとした絵はただうっとりみていればいいのだが、右端の暗闇のなかにいる鷲がちょっと気になる。どうして場違いな鷲がいるの?これはユピテルを暗示している。そう、ユピテルお父さんの女狂いがまたはじまったのである。今回のターゲットはディアナのお付きのカリスト。得意の変身術を使って女神ディアナになりすまし、‘カリストちゃん、楽しいかい、最近きれいになったね’なんて優しい言葉をかけている。ディアナに変身するとはやはりユピテルは抜かりがない。

アングル(1780~1867)の‘聖杯の前の聖母’は画集によく載っている有名な絵だから、画面の隅から隅までじっくりみた。みればみるほどアングルの画技の高さに感心させられる。視線が集中するのが聖母のつるっとした卵形の顔とやわらかくて美しい手。そして、強く印象付けられるのが聖母の存在感の出し方。手前に金属の感じがよくでている聖杯をならべ、二人の聖人を一歩後ろにさげ暗い背景のなかに配置する構成。これにより聖母が前後で挟まれる形になり、明るい光に照らされたその姿はいっそう神々しく輝いてみえる。

セザンヌ(1839~1906)は2点、3年前ロンドンのコートールド美で遭遇した‘パイプをくわえた男’(10/12/22)が展示されているのだからたまらない。セザンヌの農夫を描いた作品はどれもぐっとくる。

|

« 心が躍る‘プーシキン美展’ | トップページ | 想定外のサプライズ作品はドニとマティス! »

コメント

プーシキン美術館展に行ってまいりました。

ロシアの美術館には行ったことがないので、貴重な機会でした。

昨年のエルミタージュ展でも思ったのですが、やはりロシアのフランス絵画は質が高いですね。

プッサンの古代彫刻を思わせる人物のデッサン力はさすがだと思いましたが、色は意外とくすんでいるように感じました。

ブーシェの作品は、いかにもロココの甘美な雰囲気と色彩にしばし見とれました。

アングルの聖母は、眉や瞼の描き方が幾何学的で、ちょっとエジプト彫刻の顔を思い出してしまいました。

セザンヌの『パイプをくわえた男』は、説明プレートにあったとおりキュビスムを予見している作品ですね。テーブルクロスの折り目も硬い直線で描かれていますが、全体に統一感があって、今回もっとも惹かれた作品の一つでした。

投稿: ケンスケ | 2013.07.22 21:08

to ケンスケさん
エルミタージュにもプーシキンにもいい絵が
沢山ありますね。ロシアの皇帝やコレクターが
フランスの芸術にあこがれていたことがこう
した美術品を通してよく伝わってきます。

ブーシェ、アングルの作品の完成度は本当に高い
ですね。なんだかルーヴルでみているような気分
でした。こんな傑作が日本で体験できるのですから
、嬉しいですね。

セザンヌの絵は3年前、コートールドのミニ
セザンヌ展でみて感激しました。プーシキンの
セザンヌコレクションは一級品ですね。すばらしい
です。

投稿: いづつや | 2013.07.22 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プッサン、ブーシェ、アングルが日本でみられる幸せ!:

« 心が躍る‘プーシキン美展’ | トップページ | 想定外のサプライズ作品はドニとマティス! »