« いつかみてみたい‘ベアトゥス黙示録写本挿絵’! | トップページ | エルミタージュ美のゴーギャン! »

2013.07.17

大リーグ球宴 注目のブレイク選手!

Img_0001     オールスターゲームが行われたNY シティーフィールド球場

Img                デービス vs ハービー

今年の大リーグのオールスターゲームは選出されたダルビッシュと岩隈の登板がないので、楽しみがだいぶ削がれていることは否めない。でも、オールスターは特別な試合だし打撃や投手成績の上位にでてくる選手たちのプレーを一度にみられる貴重な機会。注目の選手を目に焼きつけながら1回からゲームセットまでずっとみていた。

勝負は3-0でアリーグが4年ぶりに勝利した。先発で投げたのはナリーグが地元メッツの期待の星ハービー、そしてアリーグは13勝1敗と前半勝ち続けたタイガースのシャーザー。ハービーは一度そのピッチングをみたことがあるが、力強い投手。現在ナリーグの奪三振王で160㎞近くのストレートときれのいいスライダーがびしびしときめる。2イニング投げ、強打のカブレラ(タイガース)や37本のホームランを放っているデービス(オリオールズ)をうまく打ちとった。

日頃見る機会の少ないナリーグの投手でもうひとり関心を寄せていたのが防御率が1点台のカーショー(ドジャース)。この投手ははじめてみた。左腕で二段モーションみたいな特徴のある投げ方をする。ドジャーズは7月勝ちが多くなり最下位から2位にまであがってきた。後半戦カーショーが好調を維持できれば地区優勝も夢でない。

目をTVに釘づけにさせたのはレッズの長身チャップマン(キューバから亡命)、169㎞の速球を投げるが今日は163㎞だった。160㎞のスピードボールコンスタントに投げられたら、バッターはお手上げ。どんなに速いか球場で見てみたい。

アリーグの投手で注目していたのはレイズの左腕ムーア、すでに13勝あげている。レイズの試合は比較的みることが多いのにこの投手が登板する試合は縁がなかった。投手としては小柄だが、コントロールがいい。実況のアナウンサーによると5歳から10歳まで沖縄に住んでいたらしい。現在、レイズは東地区2位で首位のレッドソックスを激しく追い上げているから、ムーアの投げる試合は見逃さないようにしたい。

打者で今最も関心が高いのが前半すごいペースでホームランを打ったデービス(一塁手)、アリーグが最初に1点をとったときカブレラの2塁打のあと一塁の頭を超えるヒットで続き、得点に貢献した。後半のこの選手の活躍に目が離せない。

ワシントン・ナショナルズにハーパーというすごいバッターがいるという話は聞いたことはあるが、実際にそのバッティングはみたことがなかった。左打ちで構えはどっしりしており貫録十分。年は20歳、ええー、20歳なの!本当?という感じ。ナリーグにも才能あふれる投手や打者が次々でている。大リーグは世代交代がドンドン進んでいることがよくわかった。

|

« いつかみてみたい‘ベアトゥス黙示録写本挿絵’! | トップページ | エルミタージュ美のゴーギャン! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大リーグ球宴 注目のブレイク選手!:

« いつかみてみたい‘ベアトゥス黙示録写本挿絵’! | トップページ | エルミタージュ美のゴーギャン! »