« 後半展覧会の鑑賞計画! | トップページ | マリナーズ 岩隈 7勝目! »

2013.06.10

今秋 見逃せない日本美術展覧会!

Img_0001_2

この秋に開催される日本美術の展覧会で期待大なのは東博の‘京都 洛中洛外図と障壁画の美’(10/8~12/1)。チラシの裏には京博がカリカリきそうなキャッチコピー‘京都でも見ることのできない京都’が踊る。そこまで刺激しなくてもいいのに。

お楽しみは‘洛中洛外図’、国宝・重文に指定されている7点を全部展示するというから豪華なラインナップ。それらは
★国宝 狩野永徳の‘上杉本’ 米沢市上杉博
★重文 岩佐又兵衛の‘舟木本’ 東博
★重文 ‘歴博甲本/町田本’ 国立歴史民俗博
★重文 ‘歴博乙本/高橋本’ 国立歴史民俗博
★重文 ‘勝興寺本’      富山 勝興寺
★重文 ‘池田本’        岡山 林原美
★重文 ‘福岡市博本’     福岡市博 

05年上杉博までクルマを走らせ念願の‘上杉本’をじっくり時間をかけてみた。そのとき03年ここで‘洛中洛外図’の特別展が開かれ、7点のうち‘舟木本’と‘池田本’、‘福岡市博本’を除く4点が展示されたことを知った。だから、東博の展覧会はそれ以来のビッグな‘洛中洛外図展’、これは見逃せない!

まだ出品作の全容が明らかでないがほかの風俗画、例えば‘四条河原遊楽図’などもどどっと結集するような気がする。5年前渋谷のたばこと塩の博物館であった‘近世初期風俗画 躍動と快楽’をぐっとスケールアップした感じの風俗画展になるのではなかろうか。

やきもの展でスゴすごそうなのが‘光悦展’(10/26~12/1 五島美)と‘井戸茶碗展’(11/2~12/5 根津美)。ともにやきものの展覧会では定評のあるブランド美術館、名品が沢山みられるにちがいない。開幕が待ち遠しい。

お気に入りの近代日本画家の回顧展が横浜で3つ開催される。横浜美では‘横山大観展’(10/5~11/24)をまずやり、そのあと‘下村観山展’(12/7~2/11)。そして‘今村紫紅展’(11/2~12/8)が三渓園で行われる。また、東近美の‘竹内栖鳳展’(9/3~10/14)も注目の回顧展。

|

« 後半展覧会の鑑賞計画! | トップページ | マリナーズ 岩隈 7勝目! »

コメント

こんばんは。もう芸術の秋ですか。
確かに、特別展京都、あちこちにチラシが置いてありますね。
確実に混みますね、あの青山杉雨の眼、のガラガラのトーハクがおかしかったのかな。
夏は如何ですか?
妖怪ものが、三井記念、そごう、横須賀とあれこれやりますね。

投稿: oki | 2013.06.12 23:15

to okiさん
夏はサントリーの谷文晁展、アメリカンポップ
アート、そしてプーシキン美展で腹いっぱいの
感じです。

投稿: いづつや | 2013.06.13 01:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今秋 見逃せない日本美術展覧会!:

« 後半展覧会の鑑賞計画! | トップページ | マリナーズ 岩隈 7勝目! »