« もっとみたいクリムトの風景画! | トップページ | 一生の思い出となる‘貴婦人と一角獣展’! »

2013.05.26

クリムトの花オール・オーヴァー!

Img_0003     ‘けしの野’(1907年 ウィーン ベルヴェデーレ宮)

Img_0001     ‘ひまわりの咲く農家の庭’(1905~06年 ベルヴェデーレ宮)

Img_0005     ‘農家の庭’(1905~06年 プラハ 国立近代美)

Img     ‘りんごの樹Ⅱ’(1916年 ベルヴェデーレ宮)

オーストリアのウィーンは2003年に訪問した。はじめてこの街に足を踏み入れてから20年経っていたので、ウイーン美術史美やクリムトの‘接吻’があるベルヴェデーレ宮殿がとても新鮮に感じられた。ウィーンはヨーロッパではお気に入りの街、あと1,2回行きたいという気持ちを強く持っている。

そのときの楽しみ方はおおよそイメージできている。3つある楽しみの大半を占めているのがクリムト、シーレめぐり。あとは美術史美でチェッリーニの傑作彫刻‘フランソワ1世の塩入れ’をみることと昨年その素晴らしいコレクションが公開されたリヒテンシュタイン美を訪問すること。

クリムト(1862~1918)の作品が沢山あるベルヴェデーレ宮、2回の訪問と日本であったクリムト展などで画集に載っている名画にだいぶ済みマークがついている。でも、まだ9点も残っている。今、クリムト作品の展示についての生の情報がないが、とても一回では終わりそうにない。

そのなかでとくに関心の高いのが正方形の画面いっぱいに花が描かれた風景画。‘けしの野’や‘ひまわりの咲く農家の庭’は花をモチーフにした静物画とちがい、絵にとても力がある。数多くの花が画面全体にオール・オーヴァーに広がり、花の命の輝きを感じさせる。装飾的に描かれているのに花の存在感が強く印象に残るその生感覚、これが一番の魅力。‘ひまわり’と画面構成がよく似ているのがプラハの国立近代美が所蔵する‘農家の庭’、これも大変魅せられる。

‘りんごの樹Ⅱ’は15年くらい前日本にやってきた。大きなアフロヘアのような形をした木に赤や黄色のりんごが豊かに実っている。インパクトのある木のフォルムが今も忘れられない。ベルヴェデーレ宮にはりんごの木を描いた作品がもう1点あたったのだが、こちらは‘アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像’などと同様2006年競売にかけられ個人が所有することになった。これで対面の夢が完全に消えた。

|

« もっとみたいクリムトの風景画! | トップページ | 一生の思い出となる‘貴婦人と一角獣展’! »

コメント

ウィーンには1994年末に一度行ったことがあります。
念願の美術史美術館を見ることができ、大感動したのですが年末だったためもうひとつの目標のヴェルベデ―レ宮を見られなかったのが心残りになっています。なお当時リヒテンシュタイン美術館はまだ開館していませんでした。

今回はクリムトの花の絵、大変素敵ですね! 実物は、だいぶ大きな絵なのでしょうか。

世紀末芸術に共通する写実性と装飾性の組み合わせは、日本画にもちょっと通じるものがあるのでは、と感じます。

投稿: ケンスケ | 2013.05.26 22:55

to ケンスケさん
ベルヴェデーレ宮で今クリムトが常時何点展示
されているのはわからないのですが、この先
お目当ての9点の何点がみれるでしょうか。

花の絵とカンマー城の3点を早くみたいですね。
花の絵は相当いい気分になるのではないかと
思います。

絵画鑑賞はやはり一歩々という感じですね。
今年クリムトを沢山みましたので、つぎはこの絵
というふうに心は進行していきます。

投稿: いづつや | 2013.05.27 01:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリムトの花オール・オーヴァー!:

« もっとみたいクリムトの風景画! | トップページ | 一生の思い出となる‘貴婦人と一角獣展’! »