« ピーク・エンドの法則と展覧会の展示方法! | トップページ | 働くことの意味  実験に使われたシシュフォスの神話! »

2013.05.14

ブルワーズ 青木 3安打3打点 じぇじぇじぇ!

Img

Img_0001

今日の大リーグ放送はナリーグの青木がいるブルワーズとパイレーツの試合、朝8時から中継がはじまった。一番を打つ青木はすっかりレギュラーとして定着した。ポジションはライト。

チームの勝敗と青木の打撃成績はいつもMJBのホームページでチェックしているが、チームは最近10試合を1勝9敗とどん底状態、敗因は投手力の弱さ。打撃陣はいいのに先発投手が序盤に大きく点をとられることが多く、連敗が続いている。こんな状態だから勝利する可能性は大きくなかったが、青木のバッティングをみたい一心でチャンネルを変えずにみていた。

はたして、結果はどうだったか、予想に反してブルワーズが5対1で勝利し連敗にストップをかけた。勝利に大きく貢献したのがわれらが青木、2塁打を2本、内野安打1本と3安打も放ち3打点をあげた。日本で放送されているときこんなに打つとは、じぇじぇじぇ!おぬしも役者やのう。今日のヒット3本で打率は.299まで上がった。次のゲームではまた3割にのりそう。

ブルワーズの選手で知っているのは今日はお休みで出場してなかった3番のブラウンだけ。このゲームでいい選手を見つけた。青木の次に打つセグーラ(ショート)、打つのは打率がベスト5に入るほど好調な上、ショートの守りが素晴らしい。また、足も速く青木同様2盗塁を決めた。

ブルワーズには走れる選手が多くスモール野球もきっちりできるので、投手陣が頑張れば上位に食い込める。まだゲーム数はたっぷりあるからまた調子をあげていってもらいたい。そうなると青木のプレーをずっと楽しくみることができる。

ヤンキースのイチローの調子が落ちている。3試合ノーヒットとなり、打率は2割5分に低下。このところ5番で先発しているが、打順をまた7番に下げられそう。イチローの3割はもう期待できないかのしれない。残念だが、これが今のイチローの姿。疲れがたまってくるのか体の力と持ち前の技術が一体になってない感じ。体力の低下が修正能力を狂わせているのだろう。

|

« ピーク・エンドの法則と展覧会の展示方法! | トップページ | 働くことの意味  実験に使われたシシュフォスの神話! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルワーズ 青木 3安打3打点 じぇじぇじぇ!:

« ピーク・エンドの法則と展覧会の展示方法! | トップページ | 働くことの意味  実験に使われたシシュフォスの神話! »