« ダルビッシュ 3勝目! | トップページ | 北フランスの新名所 ルーヴル・ランス美! »

2013.04.21

アムステルダム国立美術館 再オープン!

Img_0002

NHKの夕方のニュースをみていたら、美術好きには嬉しいことがとびこんできた。オランダのアムステルダム国立美が10年に及んだ改修工事を終え4月14日に再オープンしたという。この話すっかり忘れていたが、今年は工事が終わる年だった!

2011年12月に訪問したときもらった館の案内パンフレットを引っ張りだしてみたら確かに2013年に再公開すると記されている(拙ブログ12/1/7)。そのときは計画ではそうなっているが、480億円をかけたこの大工事はいろいろあって進捗が遅れていることがわかっていたので、完成予定がまたずれ込むのではないかと思っていた。

それにしても、長い々工事だった。だから、その分新装美術館への期待も大きい。館内の様子がYou Tubeにでていたが壁の色がオルセーのようにちょっと紫ぽい。これは作品の美しさを一層引き立てる。昔の美術館のことが記憶から消えているので比べられないのだが、現代アートが展示されていた。前もみれた?

この美術館にあるレンブラントやフェルメールたちの傑作はおおよそ目の中に入れた。今、追っかけリストに載せているのは05年、11年の2回とも対面できなかった
★クリヴェリの‘マグダラのマリア’
★ヘルストの‘ビッカー隊長とその団員’

次回のオランダ旅行がいつになるかは未確定だが、楽しみのど真ん中にこの美術館があることはまちがいない。ネットで同じく長く改造工事をやっていた市立美術館の再開館時期をチェックしたら、こちらのほうは昨年の9月24日にオープンしていた。そして、改修工事のため7ヶ月間閉館していたゴッホ美は今月の25日以降に公開されるようだ。これで国立美、市立美、ゴッホ美の3つの美術館のリニューアルが終了した。

これからオランダへ出かけられる方が羨ましい。アートの街、アムステルダムに乾杯!

|

« ダルビッシュ 3勝目! | トップページ | 北フランスの新名所 ルーヴル・ランス美! »

コメント

アムステルダムの国立美術館には、20年以上前ヨーロッパに住んでいた時に初めて行き、18年ほど前に再訪しました。やはりレンブラントやフェルメールの絵を夢中で見ました。そのほかオランダ絵画は、さすがに圧巻で、いづつやさんも取り上げられたアセレインの白鳥の絵など印象に残っています。

私が行った時、クリヴェリの『マグダラのマリア』は展示されていました。大作であるだけでなく、色彩的にも美しくクリヴェリの傑作ではないでしょうか。

当時は展示スペース不足では、という感想を持ちましたが今は展示も改善されたのではないかと思います。

改修された美術館の様子は、美術館のウェッブサイトで少し見ました。しばらく海外の美術館には足を運べそうにないので、それまではいろいろな美術館のウェッブサイトで楽しもうと思っています。(笑)

投稿: ケンスケ | 2013.04.22 22:48

to ケンスケさん
これからアムス観光は楽しくなりますね。また行き
たくなりました。新国立美は閉館日なしのようですね。
いつもオープンとは思いきったことをしますね。

クリヴェリははじめて訪問したときはまったく知り
ませんでしたから、猫に小判というやつです。
今はすごくみたいです。大きな絵ですか!ますます
みたくなります。

投稿: いづつや | 2013.04.23 00:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/57220921

この記事へのトラックバック一覧です: アムステルダム国立美術館 再オープン!:

» アムステルダム国立美術館 リニューアルオープン [徒然なるまままに]
 建物の修復のために長らく休館していたオランダ・アムステルダム国立美術館が、4月13日、リニューアルオープン。 HPには、いくつもの画像があった。そのうちでも、INGnlによるフラッシュモブがおしゃれ。 レンブラントの夜警がモチーフ。 Onze helden zijn terug! ... [続きを読む]

受信: 2013.04.23 21:07

« ダルビッシュ 3勝目! | トップページ | 北フランスの新名所 ルーヴル・ランス美! »