« ピカソの‘黄色い髪の女’と再会! | トップページ | 待望のノイエギャラリーでクリムト三昧! »

2013.04.03

ダルビッシュ 惜しかった! 完全試合

Img_0001

Img

大リーグが開幕して第2戦、レンジャーズのダルビッシュはアストロズとの試合で大記録寸前のところまでいった。あと一人打ち取れば完全試合の達成だったのに、、本当に惜しいことをした。残念!8回4番のマーチンにボール3までいったときはハラハラしたがなんとか三振をうばったので、かなり高い確率で完全試合がみれるのではないかと思った。

9回は先頭打者の7番を難なくショートゴロ、続く8番も軽くセカンドゴロ、ここでダルビッシュはほっとしたように笑顔、本人はこれはやれるぞ、という気になったにちがいない。これはえらいことになった。あとひとりで大記録が実現する。そして、むかえた9番バッター、もう200%三振のイメージ、それいけダルビッシュ、が、1球目をいきなりセンターへクリーンヒット、万事休す!

ダルビッシュは昨年の終盤からレンジャーズの実質エース、今春のキャンプ、オープン戦でも順調に仕上がったみたいで、今日の登板はおおいに期待していた。序盤から三振をばんばんとり、まったく安定したピッチング。球がすっぽ抜けて四球が多かった昨年とはまるでちがう投球内容。1球々自信をもって投げている感じ。

圧巻だったのは3番のペーニャを156キロの速球で三振にうちとった場面。このピッチングは今年の活躍を暗示するような球、この試合の三振の数はこれを含めて14個。フォーシーム(ストレート)、スライダー、カットボール、どの球種もいいのでバッターはヒットを打つのはとても難しい。

アメリカの野球専門誌でダルビッシュはサイヤング賞の候補にあげられている。研究熱心なダルビッシュのことだから今シーズン、その高い投球技術をさらに進化させ、多くの野球ファンをうならせるビッグエースに成長するのではなかろうか。登板する試合が来るのがとても楽しみ。

|

« ピカソの‘黄色い髪の女’と再会! | トップページ | 待望のノイエギャラリーでクリムト三昧! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダルビッシュ 惜しかった! 完全試合:

« ピカソの‘黄色い髪の女’と再会! | トップページ | 待望のノイエギャラリーでクリムト三昧! »