« 美術に魅せられて! お気に入りの美術番組 | トップページ | アートに乾杯! これぞ究極の泣き顔表現 »

2013.04.07

アートに乾杯! 目に焼きついているびっくり表現

Img_2                  ミュシャの‘メデイア’(1898年)

Img_0001_2  レンブラントの‘ベルシャザルの酒宴’(1635年 ロンドン ナショナルギャラリー)

Img_0005_2     レーピンの‘思いがけなく’(1884~88年 トレチャコフ美)

Img_0002_2    ジャコメッティの‘テーブル’(1966年 ポンピドー)

本日の日曜美術館でとりあげられたミュシャ、今、六本木の森アーツセンターギャラリーで‘ミュシャ展’(3/9~5/19)は行われていることはもちろん知っている。はじめはでかけることにしていたが途中から気が変わり今回はパスでもいいかなと思っていた。以前にもプラハのミュシャ財団蔵のものはみる機会があり、作品の中心となっている装飾ポスターも結構みたというのがその理由。

ところが、番組の最後にでてきたミュシャ(1860~1939)が晩年に描いたという娘の肖像(油彩)が強い磁力を放っていたのでやっぱり足を運ぶことにした。処分したチラシにもこの絵が載っていたが、映像とはいえ本物にちかいもののほうがインパクトがあり、この絵は見逃せられないというのが素直な感情。

もう1点心を揺すぶる作品がでてきた。初見ではなく数回お目にかかっている‘メデイア’のポスター。この絵が目に焼きついて離れない一番の理由はそのびっくりした目。イアソンに捨てられたメデイアはあろうことかわが子まで殺してしまう。嫉妬が憎しみに変わり大きくしのびよってきた狂気性が皆殺しへと駆り立てる。タイムスリップしてサラ・ベルナールが演じてみせたたこの凍りついた目を劇場でみたくなった。

人物の心の中が手にとるようにわかるように描かれた絵はそうない。ミュシャの絵以外でびっくりした表情が忘れられない作品は3点。‘あらー、なんてことなの?王様の顔が恐怖でひきつっているわ’という感じなのがレンブラント(1606~1669)が‘ベルシャザルの酒宴’で描いた女。この絵をロンドンのナショナルギャラリーでみたとき、目が釘づけになったのは王の表情よりもこの隣にいる女のほう。まるで映画によくでてくる驚きの場面をみているよう。人間の感情がこれほどリアルに表現された絵をみたのははじめて。腹の底からレンブラントはスゴイなと思った。

ハッとする体験は昨年久しぶりにあった。それはBunkamuraの‘レーピン展’に出品された‘思いがけなく’。部屋に入ってきた男性を子どもと二人の女性が‘ええー、戻ってきたの?!’という顔つきでじっとみている。後ろの女性は死んだ人間が生き返ったかのようにおそるおそる見ている感じ。そのびっくりした目がじつに生感覚。

もうひとつジャコメッティ((1901~1966)が制作したヴェールを被った女性の頭部像も強烈なインパクトをもった作品。狂気じみた顔つきとテーブルにおかれた切断された手、ミュシャのメデイア同様、不気味で重っくるしい雰囲気が漂っている。

|

« 美術に魅せられて! お気に入りの美術番組 | トップページ | アートに乾杯! これぞ究極の泣き顔表現 »

コメント

おはようございます。
ミュシャ、昨日行って来ました。
月曜日なのに混んでいるのは、テレビのせいですか。
何しろ千足先生監修ですから、ハズレはないですね。
ミュシャは油彩画も多く描いていて、中には戦争の絵までありました。
ポスターの華やかさと、スラブ民族の苦難を描いた絵が対照的で、スラブ叙事詩は、映像で紹介しています。
写真もやったんですね、ゴーギャンが映ってました。ゴーギャンとしたしかったとは!
レーピン、今は葉山に廻ってますね。

投稿: oki | 2013.04.09 05:44

to okiさん
ミュシャ展の監修は千足さんですか、そうなる
ともう外せませんね。昔から西洋美術は千足
さんに決めてますから今回も期待がもてそう
ですね。

ゴーギャンの変な写真でしょう。知ってます。

投稿: いづつや | 2013.04.09 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アートに乾杯! 目に焼きついているびっくり表現:

« 美術に魅せられて! お気に入りの美術番組 | トップページ | アートに乾杯! これぞ究極の泣き顔表現 »