« ダルビッシュ 惜しかった! 完全試合 | トップページ | ニューヨーク、フィラデルフィア 街角ウオッチング! »

2013.04.04

待望のノイエギャラリーでクリムト三昧!

Img_0003_2        ノイエ・ギャラリーの外観

Img_0001_2     クリムトの‘アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像’(1907年)

Img_0002_2         クリムトの‘踊り子’(1916~18年)

Img_0008_2     クリムトの‘黒い羽毛の帽子’(1910年)

Img_0005_2     シーレの‘緑樹に囲まれた町’(1917年)

5番街にあるノイエ・ギャラリーに関する情報がぐーんと増えたのは11年10月に放送されたBSプレミアムの美術番組‘極上美の饗宴’。おかげでギャラリーのある場所がイメージできた上、ここにあるクリムトは‘アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像’だけでなくほかにも2点あることがわかった。

ここへ是非とも足を運ぼうと思ったのはクリムトが3点もみれるから。でも訪問できる日は月曜日、だから開館してないだろうと半分あきらめていた。ところが、前日のNY観光を案内してくれた現地の男性ガイドさんに休館日を調べてもらったら、火曜&水曜だった。これは運がいい。開館時間は11時(夜6時まで)なので目と鼻の先にあるグッゲンハイムをみたあと寄ればいい。

好きな画家のことゆえ知ってることはもらさず伝えたくなる。ギャラリーは地下鉄4・5・6線86ST駅の前の通りを5番街に向かって7、8分歩くと到着する。ここからはMETへもグッゲンハイムへもすぐ行ける。館内に入ると料金は心づけでいいという。館全体が2月4日新装オープンする美術館のため準備の真っ最中、公開されているのはクリムトの作品が飾られている部屋だけ。急いで2階へ上がった。

ありました、ありました!クリムトの絵が、予定では3点だったが、なんと6点も、ええー、こんなにクリムトがあるの!もう天にも昇るような気分。そしてビッグなオマケがシーレ。これはたまらない。クリムトはここに紹介する3点、プラスTVで知った‘アッター湖畔ヴァイセンバッハの森番の家’(1912年)、‘カンマー城の公園’(1909年)、‘高いポプラの木’(1906年)

以前ウイーンでみたことのある‘アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像’の前ではどうしても2006年に落札された金額155億円のことが頭にちらつく。ウィーンの人たちにとってはこの黄金に輝くクリムトの傑作がベルヴェデーレ宮殿から姿を消したことは残念でならないだろうが、NYへよく出かける美術ファンには楽しみのスポットがひとつふえたことになる。

初見の5点をこころゆくまでみた。とくに長くみていたのは赤が印象的な‘踊り子’と魅力溢れる肖像画‘黒い羽毛の帽子’。そして、シーレの‘緑樹に囲まれた町’にも200%魅了された。わずか7点の鑑賞だったが、忘れられないノイエ・ギャラリーになった。NYへまた来ることがあったらもう一度行ってみたい。

|

« ダルビッシュ 惜しかった! 完全試合 | トップページ | ニューヨーク、フィラデルフィア 街角ウオッチング! »

コメント

こんばんは。
クリムトは、昨年生誕150年で、ウィーンで、展覧会三昧だったようですが、こちらの所蔵品もウィーンへ行ったんですかね?
クリムトというと、もう少しで、宇都宮美術館に来ますが、いづつやさん、出動予定は?
明日から明後日にかけては、春の嵐とか、家でじっとしているしかないですね。

投稿: oki | 2013.04.05 21:59

to okiさん
‘アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像’は
里帰りしたという情報があったような気がし
ます。

宇都宮は来月出かけることにしてます。お目当
ての2点がみれたら今年クリムトは11点です。
記念の年になります。

来週京都へ行きます。京博の山楽山雪展と
京都市美のゴッホ展です。長崎でやっていた
ゴッホ展がいいめぐりあわせになりました。

投稿: いづつや | 2013.04.06 01:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 待望のノイエギャラリーでクリムト三昧!:

« ダルビッシュ 惜しかった! 完全試合 | トップページ | ニューヨーク、フィラデルフィア 街角ウオッチング! »