« フィラデルフィア美(5) ビッグネームの共演! | トップページ | メトロポリタン美(1) ハドソンリバー派の揃い踏み! »

2013.03.06

フィラデルフィア美(6) ウェイデンの傑作と対面!

Img_0006     ボスの‘この人を見よ’(1470~85年)

Img_0005_2     ウェイデンの‘聖母と聖ヨハネと十字架上のキリスト’(1450~60年)

Img_0002_2     ファン・エイクの‘聖痕を受ける聖フランチェスコ’(1420~40年)

Img_0004_2     プッサンの‘海神ネプチューンの勝利’(1635年)

2階に展示してある15世紀から17世紀にかけて制作された作品を大急ぎでみた。必見リストに載せているものは数点だから、そう時間はかからない。不確定要素は貸出しによる不在だけ。

事前の作品情報でつかんでいるボス(1450~1516)は2点、‘東方三賢王の礼拝’はダメだったが‘この人を見よ(群衆の見世物にされたキリスト)’はみることができた。アメリカの美術館でボスがあるのはこことワシントンのナショナルギャラリーだけなので、目に力が入る。キリストの隣にいる男の残虐性に満ちた顔つきが強く印象づけられる。ウンベルト・エーコの小説‘薔薇の名前’の映画にこんな顔をした大男がでてくる。

今回大傑作があった。それはウェイデン(1399~1464)の‘聖母と聖ヨハネと十字架上のキリスト’、絵画を鑑賞しているとき画集でみるのと本物とで印象が大きくちがうことが時々ある。この絵は普通の宗教画だろうと思っていたが、その想像を3倍くらい上回る傑作だった。これまでみたウェイデンはプラドで体験した‘十字架降下’に最も感動したが、この絵も‘うゎー、これはスゴイ!’と思わず声がでた。深紅の背景が目に焼きつく見事な宗教画がこの美術館におさまっていたとは。これは一生の思い出になる。ミューズに感謝!

ファン・エイク(1390~1441)の絵はリストに入れるのをうっかり忘れていた作品なのに、目の前にひょいと現れてくれた。獲物を追っかけるハンターのような目つきをしていたから、‘俺のことも忘れないでくれよ!’と声をかけたかったのかもしれない。すぐ画集にこの絵があったことを思い出した。幸運というほかない。

プッサン(1594~1665年)は5年前メトロポリタンで遭遇した回顧展によりぐっと距離が縮まった画家なので、‘海神ネプチューンと海の女王アムピトリーテーの勝利’を夢中になってみた。これだけ多くの人物がいると目移りがするものだが、巧みに配置されているため一人々の姿や動きが順々に目に入ってくる。

よくみると中央の裸の女王を中心にして三角形がつくられ、そして宙を舞うクピドたちをつなぐと逆三角形になっている。前列で目を奪われるのが正面向きに全力で車輪を引っ張る3頭の馬。その躍動感みなぎる前足に呼応するように右の裸婦も足を大きく広げている。

フィラデルフィア美は6回で終了です。明日からはニューヨークでの美術館めぐりのことを。

|

« フィラデルフィア美(5) ビッグネームの共演! | トップページ | メトロポリタン美(1) ハドソンリバー派の揃い踏み! »

コメント

フィラデルフィア美術館には、古典絵画のいい作品もありますね。ボッス、ウェイデン、ファン・エイク。初期ネーデルランド絵画の巨匠の作品まで揃っているなんて驚きです。

今回一番私の目を引いたのは、プッサンの『海神ネプチューンの勝利』です。 ご紹介のように構図は計算された古典主義的なものですが、躍動する生命感に漲っています。クピードの描き方はティツィアーノを思い起こさせますね。

ウェイデン作品のキリスト磔刑の部分は、スペインのエル・エスコリアルで見た、やはりウェイデン作の『磔刑像』を思い出しました。いづつやさんがフィラデルフィアでご覧になった作品は大作のようですが、実物は迫力があるのでしょうね。

投稿: ケンスケ | 2013.03.07 21:42

to ケンスケさん
北方絵画のこんないいのがあるのですから、
この美術館はやはり特別ですね。ウェイデン
は当時の雰囲気のままで展示されていまし
たので教会の中でみているようでした。

‘ラミューズ’にこの絵は傑作と書いてあっ
たのですが、絵の前に立ちその通りだなと思
いました。エル・エスコリアルにもあります
か?テイクノートしときます。

プッサンの絵はいいですね。これはMETの
回顧展にでませんでしたから、大きな収穫に
なりました。

投稿: いづつや | 2013.03.07 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/56902814

この記事へのトラックバック一覧です: フィラデルフィア美(6) ウェイデンの傑作と対面!:

« フィラデルフィア美(5) ビッグネームの共演! | トップページ | メトロポリタン美(1) ハドソンリバー派の揃い踏み! »