« いつか訪問してみたいクラーク美! | トップページ | やっと‘歌舞伎図巻’がみれた! »

2013.02.26

書がわからなくてもはずせない東博の‘書聖 王羲之’展!

Img_2     ‘行穣帖’(唐時代7~8世紀摸 プリンストン大美)

Img_0003_3     国宝‘孔侍中帖’(唐時代7~8世紀摸 前田育徳会)

Img_0001_3     ‘定武蘭亭序(呉炳本)’(原跡:東晋時代永和九年・353年 東博)

Img_0004_2     与謝蕪村の‘蘭亭曲水図屏風’(江戸時代1766年 東博)

東博で行われている‘書聖 王羲之’展(1/22~3/3)をみてきた。日頃から書に親しんでいるわけではないが、王羲之(307~365)の書を集めた展覧会はやはり見逃すわけにはいかない。世の中には書を愛する人は沢山いるから、会場は大変な賑わい。そのため予定の倍の時間がかかってしまった。

漢字の三つの書体、楷書・行書・草書がどういうものであるかは理解しているが、どのように生まれてきたかはしっかり把握してない。だから、王羲之の書がどの書体に優れているかもよくわかっていない。こういうとき役に立つのが展覧会のチラシ。まずはここにでているものをしっかりみることにした。

王羲之の真跡は今日一点も残ってないから、目の前にあるものはすべて複製。その複製のなかで王羲之の真跡に一番近いとされるのが唐時代に精巧な技法で敷き写されたもの。これは世界で10点もないという。日本には奈良時代に伝わったものが4点あり、中国に3,4点、そしてプリンストン大美が所蔵している。これらは皆王羲之の尺牘(手紙)。

今回の目玉はプリンストン大美にある‘行穣帖’。隣にいた男性の目が輝いていたから、この摸本が特別なものであることは直感できる。だが、悲しいことにこの書が例えば清の時代の書と比べてどのくらいスゴイかはわからない。

次に日本にある3点が展示されている。国宝の‘孔侍中帖’と‘妹至帖’(個人蔵)はみたことがあるが、‘大報帖’(個人蔵)は最近発見されたものだという。世界初公開。それは大変!新聞にそのことがでていたので目をかっと開いてみた。

ここのコーナーをみたのであとは気軽にみた。有名な‘蘭亭序’の拓本が沢山あった。画像は東博にあるもの。07年に東博、三井記念美、台東区の書道博で開催された‘拓本の世界’を体験したので、この拓本には少し目が慣れている。今回は初見の‘蘭亭図巻’と与謝蕪村のお馴染みの‘蘭亭曲水図屏風’も一緒飾られていたので曲水の宴の様子がイメージしやすかった。いい趣向に座布団2枚!

|

« いつか訪問してみたいクラーク美! | トップページ | やっと‘歌舞伎図巻’がみれた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書がわからなくてもはずせない東博の‘書聖 王羲之’展!:

« いつか訪問してみたいクラーク美! | トップページ | やっと‘歌舞伎図巻’がみれた! »