« 脳が本気になるモディリアーニの絵! | トップページ | 満足のキメ手はリファレンス作品!白の輝き »

2012.11.30

音楽が誘う絵画の世界! ショパン‘ポロネーズ英雄’

4510_2     ピアニスト 仲道郁代                ショパン

4509_2 アルトドルファーの‘アレクサンドロス大王の戦い’(1529年 アルテ・ピナコテーク)

4508_2     ダヴィッドの‘サン・ベルナール峠を越えるボナパルト’(1800年)

4506_2     ジェンティレスキの‘ユディットと待女’(1625年 デトロイト美)

4507_2     アングルの‘ジャンヌ・ダルク’(1851~54年 ルーヴル美)

クラシックで‘英雄’というとまずはベートーベンの交響曲3番を思い浮かべる。でも、ショパン(1810~1849)が大好きな方は♪♪‘ポロネーズ変イ長調 英雄’のほうが先かもしれない。ベートーベンの英雄が国家元首が亡くなったとき国営放送が終日流す音楽というイメージがあるのに対し、ショパンの英雄はじつに華やかな表現でなにか憧れの存在をみせつけるという感じ。

絵画の世界では英雄を描いた作品は沢山ある。最も多いのはギリシャ神話に登場する英雄、ヘラクレス、ペルセウス、アキレウス、またアマゾンという女傑も描かれる。では、歴史画にでてくる英雄は誰れか?すぐ思いつくのはアレクサンドロス大王。

印象深い絵が2点ある。ナポリ考古博にある大きな‘アレクサンドロス・モザイク’(拙ブログ9/3)と南ドイツで活躍した画家アルトドルファー(1480~1538)が描いた‘アレクサンドロス大王の戦い’。30年くらい前に訪問したミュンヘンのアルテ・ピナコテークで唖然としてみていたのがアルトドルファーの絵。

つい最近、BS朝日の‘世界の名画’でこの画家にスポットを当てていた。当時、画面に描き込まれた兵士の数の多さと上空の青の輝きに圧倒され、中央に描かれているアレクサンドロスをはっきりとみてない。だから、この美術館を再訪する機会があれば、敗走するダレイオス3世ともどもしっかり目にやきつけようと思う。

このマケドニアの王よりもっと強烈に英雄のイメージが心に刻み込まれているのがナポレオン。ダヴィッド(1748~1825)の‘サン・ベルナール峠を越えるボナパルト’ほど見栄えのする英雄の絵はない。ナポレオンが実際には驢馬に乗って峠を越えたことをダヴィッドは百も承知だが、まさか英雄を驢馬に乗せて描くわけにはいかない。
当然本当のようなウソをつく。腕が確かだから神のようなナポレオンを描く専属画家に選ばれた。ダヴィッドも演出が必要なことくらいはわかっている。

カラヴァッジョ派のジェンティレスキ(1593~1653)は西洋絵画史上最強の女流画家、敵軍の司令官ホロフェルネスの首を切り落とし祖国を救ったヒロイン、ユディットを描いたこの作品はいつかみたいと願っている一枚。Bunkamuraがデトロイト美展を開催してくれそのなかにこの絵が入っていることを勝手に妄想している。

ジャンヌ・ダルクは見た目はか弱い女性だが、戦場にでると男以上の働きをする。アングル(1780~1867)の絵をみると強い意志の持ち主であることが充分に伝わってくる。

|

« 脳が本気になるモディリアーニの絵! | トップページ | 満足のキメ手はリファレンス作品!白の輝き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽が誘う絵画の世界! ショパン‘ポロネーズ英雄’:

« 脳が本気になるモディリアーニの絵! | トップページ | 満足のキメ手はリファレンス作品!白の輝き »