« アートに乾杯! 動物彫刻 | トップページ | 祝 ジャイアンツ Wシリーズチャンピオン! »

2012.10.28

Wシリーズ ジャイアンツ3連勝で王手!

4391_2     デトロイト コメリカパーク

4390_2     ジャイアンツのボーゲルセン

4392_2     タイガーズの主砲カブレラ

4393_2     ジャイアンツのサンドバル

Wシリーズの第3戦はジャイアンツがホームのタイガースを2-0で破り3連勝、シリーズ制覇に王手をかけた。ポストシーズン(PS)がはじまってから連日野球三昧、一年で一番楽しい時をすごしている。

今日の試合は2回に先制点が2勝しているジャイアンツのほうに入った。このシリーズタイガースは試合をリードして戦えない。得点のチャンスはあるのにタイムリーがでず、看板の打線は湿ったまま。

ジャイアンツのピッチャーはPSで好投が続くボーゲルセン。得意の球はツーシーム(シュート)とチェンジアップで外中心の配給。球種はこの2つとフォーシーム(ストレート)の3つしかないが決め球のツーシームのコントロールがいいので強打のタイガースもなかなか打ち崩せない。

三冠王のカブレラを2アウト満塁で迎えたときが最大のピンチだったが、内野フライに打ちとり点を与えなかった。今回も5回2/3を無失点と好投をみせた。

このボーゲルセンは07年と08年阪神でプレーしている。07年は中日が日本一になった年だが、ボーゲルセン(このとき30歳)は7勝したから、よく覚えている。翌年はダメで3勝しかあげられずタイガースを首になり、09年オリックスに移籍、でもこの年も成績はふるわず1勝しただけ。で、アメリカに帰った。

ところが、ボーゲルセンは11年にジャイアンツで復活し13勝の成績をあげオールスターにも出場した。今年も好調を持続し14勝と連続二桁勝利。このPSでその姿を再びみたが、日本にいたときとは格段の進化をとげていた。日本でプレーした選手がWシリーズで最高のピッチングをするのだから、応援にも熱が入る。とにかくツーシームがすばらしい。圧巻は4番のフィルダーをこの球で見逃し三振にとったところ。見事なピッチングだった。

タイガースのバッターで目が釘づけになるのはカブレラ、そしてジャイアンツの注目選手は達磨さんのような体型のサンドバル(26歳 ベネズエラ出身)。今日も2安打を放ちこのシリーズあたりにあたっている。第1戦で打った3本のホームランはスゴかった。あのヴァーランダーから2本もホームランを打ったのだから恐れ入る。

明日、タイガースは踏ん張れるか。エースのケインをたたけば、第5戦は雪辱を期すヴァーランダーが登板するから期待がもてる。果たして? 

|

« アートに乾杯! 動物彫刻 | トップページ | 祝 ジャイアンツ Wシリーズチャンピオン! »

コメント

記事拝見させていただきました。

ボーゲルセンの成長ぶりは目を見張るものがありますね!
単に日本(阪神・オリックス)が合わなかったのか、メジャーの方針が合うのか、いづれせよ日本でそこそこの成績の選手がメジャーで目覚しい成績を残すパターンは多いですね!

また楽しく拝見させていただきますのでよろしくお願いたします!
【完全ランキング方式全国軟式野球リーグG-LEAGUE運営事務局】

投稿: 全国軟式野球リーグG-LEAGUE運営事務局 | 2012.10.29 00:10

to 全国軟式野球リーグ運営事務局さん
ボーゲルセンはいいピッチャーになりましたね。
ポストシーズンでの投球はエースのケインより
良かったです。ワールドチャンピオンリングを
ゲットして本当に嬉しいでしょうね。

投稿: いづつや | 2012.10.29 17:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Wシリーズ ジャイアンツ3連勝で王手!:

« アートに乾杯! 動物彫刻 | トップページ | 祝 ジャイアンツ Wシリーズチャンピオン! »