« ダルビッシュ 岩隈に投げ勝つ! | トップページ | 古代ローマを題材にした歴史画の傑作はこれ! »

2012.09.16

古代遺跡は楽し! ハドリアヌスの長城

4287_2

4289_2     ‘ハドリアヌスの長城’(122~128年)

4290_2     ‘ヴィンドランド要塞’(122~128年)

4288_2     ‘バースのローマ浴場跡’(1世紀)

考古学者でもないのにハドリアヌス帝(76~138年)が建設した‘ハドリアヌスの長城’をみてみたいという思いに駆られている。好奇心というのはじつにやっかいなものである。

この長城がある場所がしっかり頭にはいってきたのはほんの数ヶ月前。古代ローマの本を読んだり、TVの美術番組をレビューしているうちにその場所と防壁の形がイメージできるようになった。地図でおわかりのように長城はイギリスの中部あたりを横切ってつくられている。

東はタイン河の河口部からスタートし、ニューカッスルを経て西のソルウェー湾まで続く。全長117km。長城というとすぐ頭に浮かぶのは‘万里の長城’、空からの映像でみるとこの‘ハドリアヌスの長城’も似たような石壁が延々と続いている。建設は122年に領土視察にやってきたハドリアヌスの命令によりはじまり、ローマ兵が総動員された。完成には5,6年を要したといわれている。だから、完成した長城をハドリアヌスはみとどけていない。

当時イギリスの北半分はローマ帝国の支配下に入ることを拒んだケルト系の民族がいた。そのため異民族の侵入を防ぐ目的でこの城壁を築いた。高さは建設されたときは
5mあったが、今は多くの石が石材としてもちさられたため低くなっている。

‘ヴィンランド要塞’は長城のそばにつくられた兵士の駐屯所。この遺跡ではもう長いこと発掘調査が行われていて、兵士たちの生活の様子を伝えるものがいくつも見つかっている。例えば給料として払われた貨幣とか兵士のサンダルとか‘軍務状況を記録されていた木簡などなど。

木簡には兵士の脱走が記されたものなどがでてきた。この兵士はダキア(ルーマニア)の戦いに派遣されるのが嫌だったらしい。別の土地に移動させられると二度と戻ってこれないから、可愛い妻や子どものほうを選んだのである。考古学はこういう話がわかるからおもしろい。

イギリスにはもうひとつ有名な古代ローマの遺跡がある。それはバースにある温泉の浴場跡。今から30年前、ここを訪れた。が、かなり前のことなので浴場の記憶はほとんど消えている。ロンドンからはコーチ(高速バス)に乗ると3時間で着く、また行ってみようと思う。    

|

« ダルビッシュ 岩隈に投げ勝つ! | トップページ | 古代ローマを題材にした歴史画の傑作はこれ! »

コメント

いづつや様のブログを拝見するには地図のほかに世界史年表が必要です。(楽しませて戴いてます。)

投稿: Baroque | 2012.09.17 20:33

to Baroqueさん
古代ローマの領土のイメージがわきやすい
ようになるべく地図を載せるようにしてます。
年表もコンパクトなものがあれば使いましょ
うか。

投稿: いづつや | 2012.09.18 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古代遺跡は楽し! ハドリアヌスの長城:

« ダルビッシュ 岩隈に投げ勝つ! | トップページ | 古代ローマを題材にした歴史画の傑作はこれ! »