« シチリア、マルタにあるカラヴァッジョ! | トップページ | 古代遺跡は楽し! ポンペイ »

2012.09.01

シチリアで気になっている絵と彫刻はこれ!

4232       メッシーナの‘受胎告知のマリア’(1465~70年 パレルモ 国立美)

4233     ‘死の勝利’(15世紀初頭 パレルモ 国立美)

4235     ブリューゲルの‘死の勝利’(1562年 マドリード プラド美)

4234        ‘ランドリーチのヴィーナス’(2世紀の模刻 シラクーザ オルシ考古学博)

シチリアの州都パレルモを訪れたら是非行ってみたいところがある。それはアバテリ宮殿の国立美。この美術館が最初にインプットされたのはメッシーナ(?~1479)の描いた異色の受胎告知の絵によってだった。

この絵にはマリアにイエスをみごもったことを知らせる大天使ガブリエルが描かれていない。だからぱっとみると女性の肖像画ではないかと思う。メッシーナは自由な空気の流れるヴェネツィアにいたので、形式にとらわれず人間臭い受胎告知を描きたかったのかもしれない。

国立美にどんな絵があるのか詳しいことはまったくわからないが、もう一点とても気になるフレスコ画がある。ちょっと緊張する‘死の勝利’。これは15世紀に描かれた死の舞踏の絵、あの‘メメントモリ 死を忘れるな!’である。とにかく画面中央の馬に乗った死神のインパクトが強烈!

死神が馬に乗るのは聖書のヨハネ黙示録に‘死が青ざめた馬に乗っている’と書かれているのに基づいている。この死神の姿がブリューゲル(1525~1569)の描いた‘死の勝利’にでてくる死神とよく似ているため、ひょっとしてブリューゲルはイタリア旅行のときパレルモまで足をのばしたのではないかともいわれている。はたして?

メッシーナ同様、このブリューゲルに影響を与えたかもしれない不気味な死神にも大変惹きこまれる。だから、この美術館は時間をやりくりして出かけてみたい。

島の東南部に位置するシラクーザはカラヴァッジョの絵があるから立ち寄りたい街だが、ここのオルシ考古学博に有名なヴィーナスの彫刻がある。ヘレニズム期につくられたヴィーナスにはいろいろなポーズをしたヴァージョンがあり、これはそのひとつ。モーパッサンが‘ミロのヴィーナスより美しい’と絶賛したとか。

こんな美欲がそそられるヴィーナスもみられるシラクーザ、楽しい街にちがいない。

|

« シチリア、マルタにあるカラヴァッジョ! | トップページ | 古代遺跡は楽し! ポンペイ »

コメント

こんにちは。

私はシチリアに行ったことはないのですがパレルモの国立絵画館は知る人ぞ知る美術館ですよね。

私はアンネッロ・ダ・メッシ―ナに惹かれているので、ここの『聖母マリア』は画集で以前から親しんでいました。

『死の勝利』のフレスコ画も、プラドのブリューゲル作品との関連で有名ですね。やはりブリューゲルはシチリアにまで行ったのではないでしょうか。

投稿: ケンスケ | 2012.09.02 11:34

to ケンスケさん
‘受胎告知のマリア’は宗教画臭くないのが
いいですね。背景の黒はカラヴァッジョを思わ
せます。

ブリューゲルはやはりパレルモで‘死の勝利’
を見たのでしょうね。じっくりみてみたいです。

投稿: いづつや | 2012.09.02 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/55558697

この記事へのトラックバック一覧です: シチリアで気になっている絵と彫刻はこれ!:

« シチリア、マルタにあるカラヴァッジョ! | トップページ | 古代遺跡は楽し! ポンペイ »