« 祝 レスリング吉田金メダル、なでしこジャパン銀メダル獲得! | トップページ | 祝 ボクシングミドル級村田が金メダル獲得! »

2012.08.11

心に響く‘レーピン展’!

4165_2     ‘休息 妻ヴェーラ・レーピナの肖像’(1882年)

4164_2     ‘あぜ道にて’(1879年)

4167_2     ‘ウラジミール・スターソフの肖像’(1873年)

4166_2     ‘思いがけなく’(1884~1888年)

モスクワにあるトレチャコフ美が所蔵する作品をBunkamuraで楽しむのは09年に開催された‘忘れえぬロシア’に次いで二度目。今回は近代ロシア絵画のビッグネーム、イリア・レーピン(1844~1930)の作品を集めた期待の回顧展(8/4~10/8)。

作品は全部で習作を入れて99点。このうち4点は09年に展示されたもの。おそらく、トレチャコフ美にあるレーピン・コレクションの主要な作品はかなりやってきたのではなかろうか。じつはこの美術館は1999年に訪問したことがあるが、そのときはガイドさんの後をついていくだけだったのでレーピンの絵で覚えているのは大作の‘クールスク県の十字行’だけ。

収穫の作品がいくつもあるので選択に迷う。最も惹かれたのは妻を描いた‘休息’。肘掛椅子で眠っている姿をじっとみつめてしまう。そして、再会した息子の肖像画にも足がとまる。妻の着ている洋服も息子の背景の布も赤茶色、強く印象に残る色だった。

‘あぜ道にて’は3年前にもみた。黄色のライ麦畑の真ん中にできた道に母親と娘たちがいる。これはどこかでみたことのある絵、そう、モネやルノワールにもこれとよく似た構図の絵がある。こういう子どもが登場する絵をみていると心が安らぐ。

男性肖像画で長いことみていたのが顔の肌がとても生感覚な‘ウラジミール・スターソフの肖像’。肖像画というのは誰でも描けそうだが、その内面に迫る表現で仕上げられるのはほんの一握りの才能のあるものに限られる。レーピンはそんな画家のひとり。

‘思いがけなく’は衝撃度200%の絵。部屋に入ってきた男をみつめる女性や子どもたちの視線がじつにリアル。‘まさか、あの人物なの!?ええー、本当に’といった感じでびっくりしている。舞台の芝居の一場面をみているような緊張感があり、思わず画面に見入ってしまう。これはいい絵をみた。

|

« 祝 レスリング吉田金メダル、なでしこジャパン銀メダル獲得! | トップページ | 祝 ボクシングミドル級村田が金メダル獲得! »

コメント

いづつやさん、こんばんは。

今日、レーピン展に行ってまいりました。

本当にすばらしい絵が多くて、感動しました。

人物の内面を描ききる力量は、レンブラントやベラスケスを思わせますね。服などの質感の描写も見事です。

印象派の影響を受けた肖像画は、古典的な技法にルノワールやドガの筆致の趣きが混然一体となっていて、感服しました。

巡礼者二人を描いた絵などは、印象派的な明るい光が満ちている風景描写も巧み!

さらに『ゴーゴリの自殺』などドラマ性のある絵に漲る緊張感にも感動しました。

いろいろな画法で、何でも描けるすごい才能ですね。

ティツィアーノ、ベラスケス、ルーベンス、レンブラント、ゴヤ、マネ級の巨匠ではないでしょうか。

投稿: ケンスケ | 2012.08.14 21:13

to ケンスケさん
レーピンは仰るようにロシアが生んだ大巨匠ですね。
画面に引き込まれます。

サンクトペテルブルグへもう一度でかけエルミタ
ージュ美を訪問することを考えているのですが、
国立ロシア美にあるレーピンの傑作‘ヴォルガの
船曳き’と‘水底の王国のサトコ’にも強い思い入れが
あります。

投稿: いづつや | 2012.08.15 00:21

いつも楽しみに読ませて頂いています。無知なので、いづつやさんの博識にはただただ驚くばかりです。。。
そうなんです。彼の肖像画は数少ない本物だと感じます。
私がすごいと感じる肖像画は、ただリアルなだけでなく、
この口で食事をし、歌い、喧嘩もし、この指でさまざまなものに触れ、小さい頃はこんな顔、若いときはこんな顔だったんだろうな、いろんなことを経験してこの顔貌がかたちづくられたんだろうなと、一瞬のうちに想像させてくれる、そんな絵です。私はレンブラントで初めてそれを経験しました。今回初めて彼を知ることができて、幸せです。
お書きになっている作品にもいつか会いたいです。

投稿: みけ | 2012.09.06 23:35

to みけさん
レーピンは魅力のある画家ですね。
作品ひとつ々が心に深く残ります。仰るよう
に描かれている人物の精神性とか感情の起伏
がそのまま伝わってくる感じです。

回顧展を体験したのは一生の思い出です。
そして、次の目標であるサククトペテルブルグ
にある2点もなんとかしたいという気持ちが
強くなりました。

投稿: いづつや | 2012.09.07 09:03

お返事ありがとうございます!
ぜひぜひサンクトペテルブルクにおいでになって、ご感想をお聞かせ下さい。
そのお気持ちがよくわかるぐらい、いい展覧会でした。やはり回顧展っていいですね。

投稿: みけ | 2012.09.07 22:36

to みけさん
Bukamuraの展覧会はいつも注目してます。
気になる画家の回顧展を度々開催してくれます
ので、つい期待します。

やはり回顧展が展覧会の華ですから、いい作品
が沢山展示されると美術館に対する好感度は
ぐっとあがりますね。

投稿: いづつや | 2012.09.07 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心に響く‘レーピン展’!:

« 祝 レスリング吉田金メダル、なでしこジャパン銀メダル獲得! | トップページ | 祝 ボクシングミドル級村田が金メダル獲得! »