« ビッグニュース!来年1月の‘エル・グレコ展’はすごいラインナップ | トップページ | 夢の美術館! ロサンゼルス ハマー美 »

2012.07.09

ビッグニュース! 来年3月 西洋美で‘ラファエロ展’

4054_3       ‘大公の聖母’(1504~05年、フィレンツェ ピッティ宮)

4055_2       ‘聖チェチェリアの法悦’(1513~15年 ボローニャ 国立絵画館)

手元にある展覧会情報をみてみると、来年3月頃まで西洋絵画の名作が毎月とぎれることなくやってくる。なかでも上野がとても熱い。東京都美の‘エル・グレコ展’のあと西洋美でもすごい展覧会が開催される。なんと、ラファエロ(1483~1520)の回顧展(3/2~6/2)!

これまで日本でラファエロ展を体験したことはないし、海外の美術館で運良く回顧展に遭遇したこともない。この情報を得たとき本当に日本でラファエロ展ができるの?!半信半疑だった。でも、あと9ヶ月経つと日本ではじめてのラファエロ展が行われるのである。

作品の情報は西洋美のHPにはフィレンツェのピッテイ宮に飾ってある‘大公の聖母’しか載ってない。これが目玉の絵だとすると、勝手な想像だがピッティ宮にあるラファエロ作品を中心にした構成になるのかもしれない。この宮殿を訪問された方ならご存知のように、ここにはラファエロの傑作が沢山ある(11点)。

このなかで最も有名なのが聖母子の画家、ラファエロの代名詞ともいうべき‘小椅子の聖母’。そして、これと同じくらい多くの人に愛されているのが‘大公の聖母’。‘小椅子の聖母’は無理だとしても、‘大公の聖母’が日本にやってくることだって普通に考えるとありえないこと。それが実現するのだから、まったく夢みたいな話。

この回顧展にやってきて欲しい絵が1点ある。それはボローニャの国立絵画館が所蔵する‘聖チェチェリアの法悦’。この絵がラファエロ追っかけ画の最後の一枚なのである。可能性は少ないと思うが、ひょっとすると?ということもあるので帆だけは高く掲げておきたい。

今年注目している画家のうち、フェルメール(西洋美のベルリン美展)、バーン・ジョーンズ(三菱一号館美)が終わった。これから登場する期待の画家をあげてみると、
8月  レーピン (Bunkamura)
9月  アンソール(損保ジャパン美)、デルヴォー(府中市美)
10月 ルーベンス(国立新美のリヒテンシュタイン美展)
1月  グレコ(東京都美)
2月  ルノワール(三菱一号館のクラーク・コレクション展)
3月  ラファエロ(西洋美)、ベーコン(東近美) 

|

« ビッグニュース!来年1月の‘エル・グレコ展’はすごいラインナップ | トップページ | 夢の美術館! ロサンゼルス ハマー美 »

コメント

千足先生も驚いておられました。
東京都美術館のメトロポリタン美術館展はどうご覧になられてますか?
ゴッホの糸杉、が日本初公開。テーマは自然と謳ってますね。

投稿: oki | 2012.07.09 22:51

to okiさん
西洋美のラファエロ展は大ホームランですね。
これはすごいです。

東京都美のMET展、とても楽しみにしている
のですが、作品情報はまだありません。新しい
チラシができました?

ゴッホの糸杉ですか!情報早いですね。レンブ
ラントがやってくるというので期待しているの
ですが、どの作品でしょうか?

投稿: いづつや | 2012.07.10 00:43

新美術館にチラシありました。
レンブラントは、フローラですね。ついでにティントレットは、モーセの発見、なかなか良いのが揃いそうです。

投稿: oki | 2012.07.11 00:52

to okiさん
ゴッホの‘糸杉’とは大奮発ですね。これは
館の大判の図録(英文)に載ってます。
レンブラントは‘フローラ’ですか!08年に
行ったとき、展示されてなかったので楽しみ
です。

投稿: いづつや | 2012.07.11 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/55159587

この記事へのトラックバック一覧です: ビッグニュース! 来年3月 西洋美で‘ラファエロ展’:

« ビッグニュース!来年1月の‘エル・グレコ展’はすごいラインナップ | トップページ | 夢の美術館! ロサンゼルス ハマー美 »