« 夢の美術館! リッチモンド ヴァージニア美 | トップページ | 夢の美術館! フィリップス・コレクション »

2012.06.11

夢の美術館! ワシントン コーコラン・ギャラリー

3947_2

3948_2     ドガの‘カフェ・コンセールにて’(1876年)

3950_2     ホッパーの‘大波’(1939年)

3949_2     ホーマーの‘ハドソン河の材木切り出し’(1892年)

ワシントンDCへは2度訪問したが、沢山ある美術館や博物館のうち出かけたのはナショナル・ギャラリー、フリーア・ギャラリー、アーサー・M・サックラー美、国立航空宇宙博物館の4つ。地図(拡大で)をみておわかりのように、美術館の建物は碁盤の目のように区画されたところにどーんどーんと建っているのでとてもわかりやすい。

次回のワシントンで新規に開拓したい美術館が3つある。街の中心から少し北のところにあるフィリップス・コレクション、コーコラン・ギャラリー、そして08年のときドーナツ型の建物をみただけで中には入らなかったハーシュホーン美。また、ここだけでなくナショナルギャラリーでリカバリー作品の鑑賞にも熱をいれないといけないので1回では思いの丈を果たせないかもしれない。

こだわりの作品はフリーア・ギャラリーにもある。それは死ぬまでになんとしてもみたい俵屋宗達の‘松島図屏風’。フリーアにあるものは遺言によって門外不出となっているので、ここに来なければみることができない。ところが、日本画は常時展示されない。これが厄介なところ。だから、ワシントン行きが煮詰まったときはミューズに祈り続けようと思っている。

ナショナルギャラリーからおよそ2km行ったところにあるコーコラン・ギャラリーが所蔵する作品の情報は片手くらいしかない。とても気になっている絵はドガ(1834~1917)の‘カフェ・コンセールにて’。まるで賑やかな舞台を撮ったスナップ写真のよう。リヨン美にも同じく奥の方に踊り子たち手前にオーケストラの人々を描いた絵がある。

ホッパー(1882~1917)とホーマー(1836~1910)の絵は08年シカゴ美で遭遇し、大変感激した作品。ホッパーがこんな明るい海の絵を描いていたとは!横にもう1点よく似た絵があり、その光の美しさに言葉を失ってみていた。ホーマーの絵は水彩画。色合い、構図が本当にすばらしい。

|

« 夢の美術館! リッチモンド ヴァージニア美 | トップページ | 夢の美術館! フィリップス・コレクション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/54938021

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の美術館! ワシントン コーコラン・ギャラリー:

« 夢の美術館! リッチモンド ヴァージニア美 | トップページ | 夢の美術館! フィリップス・コレクション »