« 満足のキメ手はリファレンス作品! 生肌感覚 | トップページ | いつか行きたい美術館! コペンハーゲンの美術館 »

2012.05.20

祝 旭天鵬 初優勝!

3866大相撲夏場所は37歳のベテラン旭天鵬が決定戦で栃煌山にはたきこみで勝ち初優勝した。拍手々!

長い大相撲の歴史のなかでこんな歳で優勝したのははじめてのこと。見事な優勝だった。

旭天鵬は昨日琴欧州をぶん投げて優勝争いのトップを守った。どっちが大関かわからないくらいの強さだった。

今日の相手、豪栄道はなかなかの強敵。勝負では負けていたが、うまくねばり勝利をものにした。今場所は体調がいいのだろう、体がよく動くので勝ちがついてくる。

旭天鵬はもう20年も相撲をとっている。先場所までは元大関旭国が師匠だった大島部屋にいたが師匠が定年になったため部屋は閉鎖、それで今場所は移籍した友綱部屋の力士として土俵にあがった。平幕優勝は11年ぶりのことだが、たまにはこんなことがあっていい。

じつは大関稀勢の里がやはり最後は勝つと思っていた。ところが、番付通りとはいかなかった。今日の一番、いい流れになったのに把瑠都を押し切れない。調子の悪い把瑠都でもこれまでの対戦成績がいいから力を出して最後は逆転勝ちする。

稀勢の里はまだ力が足りない。精神的な強さのことより、攻めの技術、受けの技術をもっとあげないとダメ、脇が甘いから勢いを止められるとすぐ相撲がばたばたしてくる。動きが俊敏な力士に対してはがばっとつかまえてねじ伏せるどっしりした相撲、そして把瑠都や琴欧州といった大型力士に対しては相手の体が浮き上がるような下からそして横からの攻めをもっと鋭くする。

優勝を逃した悔しさを肥やしにして来場所は是非とも賜杯を手にして欲しい。

|

« 満足のキメ手はリファレンス作品! 生肌感覚 | トップページ | いつか行きたい美術館! コペンハーゲンの美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝 旭天鵬 初優勝!:

« 満足のキメ手はリファレンス作品! 生肌感覚 | トップページ | いつか行きたい美術館! コペンハーゲンの美術館 »