« ゆったり鑑賞!東博総合文化展 遊楽図・水墨画 | トップページ | もっと見たいファン・エイクの名画! »

2012.03.31

黒田清輝の‘舞妓’と対面!

3689_2        黒田清輝の‘舞妓’(重文 1893年)

3691_2     ‘佐竹本三十六歌仙絵・藤原興風’(重文 鎌倉時代 13世紀)

3692_2        国宝‘太刀 銘助真’(鎌倉時代 13世紀)

3690_2     ‘色絵桜樹文皿’(江戸時代 18世紀)

東博本館のいつもは近代日本画が展示してある部屋で黒田清輝のミニ回顧展が開かれていたのでしばらくみていた(展示は4/1まで)。

‘湖畔’(拙ブログ07/7/29)の隣にあった‘舞妓’をみるのは2度目だが、はじめてお目にかかってから20年以上も時間が流れている。だからこれはサプライズの一枚。華やかな着物を身につつんだ端正な顔立ちの舞妓を食い入るように眺めていた。東博の平常展示にはもうかれこれ8年も足を運んでいるのに、この絵はなかなか姿をみせてくれなかった。平塚市美であった回顧展にも出品されなかったから、ようやくみれたという感じ。

‘舞妓’同様、嬉しい作品と2階で遭遇した。それは佐竹本三十六歌仙絵の‘藤原興風’と‘小野小町’(展示は4/22まで)。どちらも個人の所蔵。一緒にみるのは06年にあった佐竹本の特集陳列以来のこと。‘藤原興風’の赤い口びるをまた目に焼きつけた。

佐竹本の三十六歌仙絵を何点みたかというと、06年出光美で展示された9点プラス7点の16点。半分にも達してない。36点を一気にみせてくれる特別展はおそらくこれからもないだろうから、プラスアαはあまり期待できない。あったとしても1,2点かもしれない。

刀が飾ってある1階と2階の部屋は必ず行くことにしているが、嬉しいことに鎧兜などがある2階に日光の東照宮が所蔵している‘日光助真’が飾られていた。これは名刀中の名刀、‘大徳川展’(東博 07年)で出会い夢中でみた。2度の対面があるとは、これはラッキー! 華やかな丁子乱れの刃文にまたまた惹きこまれた。

もうすぐ鍋島の‘色絵桜樹文皿’のように桜が満開となる。春がそこまでやってきている。

|

« ゆったり鑑賞!東博総合文化展 遊楽図・水墨画 | トップページ | もっと見たいファン・エイクの名画! »

コメント

いづつやさん、こんにちは。

チラシを貰ったのですが、世田谷区代田にある齋田記念館で、谷文晁模写「佐竹本三十六歌仙絵巻」を公開しています。

7月25日まで。
土日祝は休館。第4土曜は開館です。

模写だと作品の印象は違いますかね?

行ったことのない場所なので、気になってます。

どうせなら原本も展示して欲しいですね。(笑)

投稿: みどりがめ。 | 2012.05.19 02:16

to みどりがめさん
作品展示の情報いつも有難うございます。
谷文晁はやはり大物絵師ですね。こういう
歌仙図もてがけていたとは知りませんで
した。

投稿: いづつや | 2012.05.19 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒田清輝の‘舞妓’と対面!:

« ゆったり鑑賞!東博総合文化展 遊楽図・水墨画 | トップページ | もっと見たいファン・エイクの名画! »