« いつか行きたい美術館! ウィーン アルベルティーナ美 | トップページ | ロンドン五輪マラソン代表 決定! »

2012.03.11

3.11 東日本大震災から1年

3619_2     ‘平等院鳳凰堂 阿弥陀如来坐像’(平安時代後期・1053年)

3618_2     ‘広隆寺 弥勒菩薩半跏像’(7世紀)

3620_2     ‘当麻曼荼羅縁起’(鎌倉時代・13世紀 神奈川 光明寺)

3621_2        小林古径の‘観音’(1940年)

昨年3月11日に起きた東日本大震災から1年がたった。いつもは時間がすぎるのは早いなと思いながらすごしているのに、この1年はとても長く感じられた。想像を超えた大地震、そしてそれに伴う福島の原発事故、処理がなかなか進まない瓦礫の山、、

急がれるのは街の復興計画の具体案づくりと迅速な実行。復興庁には現地の自治体と緊密に協議を重ね一日でも早い街の復興にむけて全力で取り組んでもらいたい。

拙ブログでは大震災のあと‘癒しのアートにつつまれて!’を立ち上げたが、今日は1年経ったのでまた仏像や仏画が載っている美術本を広げて静かに手を合わせている。こういうとき長く拝んでいたくなるのはやはり平等院の‘阿弥陀如来坐像’(11/3/22)と広隆寺の‘弥勒菩薩半跏像’。

光明寺にある‘当麻曼荼羅縁起’は昨年東博であった‘法然と親鸞’展に出品された。来迎の場面が描かれたものとしては知恩院にある‘阿弥陀二十五菩薩来迎図(早来迎)’とこの‘当麻曼荼羅縁起’(ともに国宝)が双璧。

早来迎のほうはスピード感を感じるのに対し、‘当麻曼荼羅’では阿弥陀や菩薩は音楽が奏でられるなか黄金に色づく空をゆっくりと降りてくる感じ。この場面をみていると死の恐怖が消え有難い気持ちになる。

小林古径の横向きの十一面観音にも癒される。この絵をみたのはまだ一回しかないが、05年にあった回顧展の図録をときどきみて心をしずめている。

|

« いつか行きたい美術館! ウィーン アルベルティーナ美 | トップページ | ロンドン五輪マラソン代表 決定! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3.11 東日本大震災から1年:

« いつか行きたい美術館! ウィーン アルベルティーナ美 | トップページ | ロンドン五輪マラソン代表 決定! »