« いつか行きたい美術館! リスボン グルベンキアン美 | トップページ | 追っかけ名画の情報源となっている美術本! »

2012.02.29

東京スカイツリー完成!

3577_3     東京スカイツリー

3578_2     ヘラクレスの塔(スペイン ア・コルーニャ)

3579_2     塔の町 サン・ジミニャーノ(イタリア)

東京スカイツリーが今日完成した。高さは634メートル、世界一高いタワーである。
拍手!

08年の7月に着工したこのスカイツリーは建設が進むにつれその圧倒的な高さと美しい形で人々を驚かせてきた。なにしろ333メートルの東京タワーの倍弱の高さだから、とてつもなく巨大な建造物。千葉市美や江戸東博へでかけたときはいつも電車の窓から釘付けになってみていた。

見学ができるようになるのは5月22日からで、入場券の予約は3月22日にはじまる。オープンしたら連日大混雑になることは間違いないから、出動するのは秋口ころにしようと思っている。高さ350メートルと450メートルのところにある展望台からの眺めはすばらしいにちがいない。

今日は東京スカイツリーの完成にあわせて塔の話を。昨年の10月、BSプレミアムの番組‘時を刻む’に‘ヘラクレスの塔’が登場した。この塔が建っているのはスペイン北西部、大西洋に面した港町ア・コルーニャ(人口25万人)。今から2000年前、古代ローマの時代に建てられたものだが、現在も灯台として使われている。高さは59メートル、ローマ時代は43メートルだったが、18世紀の修復で上の部分が追加された。

2000年以上も聳え立つこの塔には古代ローマの高い建築技術がつまっており、
2009年世界遺産に登録されている。‘ヘラクレスの塔’は街の人々の心のよりどころであり、14歳頃ここに住んでいたピカソは‘キャラメルで作ったみたいだ’といっていたそうだ。

この番組にもでてきたイタリアの塔の町、サン・ジミニャーノは6年前訪問した(拙ブログ06/5/12)。小高い丘の上にあるこの町には50メートルをこえる塔が14本もそびえている。建てられたのは13~14世紀にかけて。最も高いのは市庁舎、グロッサの塔
(1311年)で54メートル。

貴族たちは競って高い塔を建て力と富をみせつけた。それで塔は70以上にも乱立、これは度がすぎているというので当時の行政長官が54メートルより高い塔を建てることを禁じる法律をつくった。すると、ある貴族は双子の塔を建て、‘2つの塔を足し合わせると一番だ!’と胸をはったという。自己顕示欲というのは際限が無い。

|

« いつか行きたい美術館! リスボン グルベンキアン美 | トップページ | 追っかけ名画の情報源となっている美術本! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京スカイツリー完成!:

« いつか行きたい美術館! リスボン グルベンキアン美 | トップページ | 追っかけ名画の情報源となっている美術本! »