« いつか行きたい美術館! フィラデルフィア バーンズ財団美術館 | トップページ | シーナ・アイエンガー教授による講義 ‘選択の力’! »

2012.02.12

悲報 ホイットニー・ヒューストン 急死!

3518今日正午前、悲しいニュースが飛び込んできた。アメリカの人気歌手ホイットニー・ヒューストンが亡くなったという。

まだ48歳の若さなのに、本当に残念、心をこめて合掌! 死因の情報は入ってこないが、薬物・アルコール依存症と関係があるのかもしれない。

最近ホイットニーがどんな歌を歌っているのかまったく疎くなってしまったが、この歌姫の歌声には200%魅了されている。

小さい頃からアメリカンポップスをよく聴いた。お気に入りの曲(拙ブログ07/11/29)は数かぎりなくあるが、そのなかにホイットニーの名曲も入っている。

‘オール・アット・ワンス’(1985年)と‘オールウエイズ・ラブ・ユー’(1992年)。この2曲を何回聴いたことやら。ホイットニーのそのすばらしい歌唱力はアメリカの歴代の女性歌手のなかで10指に入るのではないかと思う。

ほかの人気歌手ですぐでてくる名前は‘ラバーズ・コンチェルト’のサラ・ボーン、ホイットニーの親戚になるディオンヌ・ワーウィック、‘やさしく歌って’のロバータ・フラック、‘夜汽車よジョージアへ’のグラディス・ナイト、‘エンドレスラブ’のダイアナ・ロス、‘ユー・ガット・ア・フレンド’のキャロル・キング、そして‘タイタニック’のセリーヌ・ディオン(カナダ人だが)、、、

この中で人気、実力を兼ね備えた大スターというとダイアナ・ロスとホイットニー・ヒューストンではなかろうか。そのホイットニーが突然亡くなってしまった。世界中のファンはマイケル・ジャクソンのとき同様、悲しみにくれていることだろう。

|

« いつか行きたい美術館! フィラデルフィア バーンズ財団美術館 | トップページ | シーナ・アイエンガー教授による講義 ‘選択の力’! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悲報 ホイットニー・ヒューストン 急死!:

« いつか行きたい美術館! フィラデルフィア バーンズ財団美術館 | トップページ | シーナ・アイエンガー教授による講義 ‘選択の力’! »