« 詩的で不思議なマグリットワールドに魅せられて! | トップページ | グルーニング美でファン・エイクの傑作と対面! »

2011.12.20

満足度200%のブルージュ観光!

3331_2

3333_2         マルクト広場の南側に建つ鐘楼(世界遺産)

3332_2     ゴシック様式の市庁舎     

3334_2     白鳥がいる愛の湖公園

今回楽しみにしていたのがブルージュ観光。ブリュッセルからは100kmくらいの距離だから、1時間半くらいで到着する。街の中心部へ入る前、ブルージュ駅の横を通ったが建物は現代感覚のデザインだった。まず、宿泊するホテルにチェックインしてそのあと名所観光がスタートした。

ガイドブックに載っているところをめぐっていく。はじめてこの街に来た時心を奪われたのがマルクト広場の美しい景観。南側に建っているのが街のシンボル、鐘楼。世界遺産に登録されている。高さは88m。自由行動のとき、366段の階段を5、6人の方ががんばって登られたようだ。

とんがり帽子のような屋根が連続する形と優雅な赤の窓が目を惹く州庁舎を過去2回みたときはそれはそれは感激した。が、この度は庁舎の前にブリュッセル同様クリスマス屋台が建ち並びスケートリンクもつくられていたから、その景観を広々と味わうことができなかった。

このマルクト広場のすぐ近くにある市庁舎もおとぎの城を思わせる造形と紫と朱、白という華やかな色の組み合わせが目を見張らせる。ヨーロッパの街をいろいろみてきたが、美しさの点ではブルージュのマルクト広場と市庁舎が一番という思いはずっと変わらない。

春から秋までは舟による運河めぐりが定番のお楽しみなのだが、今はシーズンオフ。で、その代わりに馬車での街並めぐりが用意されている。石畳に蹄鉄の音を響かせて進む姿はとてもロマンチックで貴族になったような気分かもしれない。でも、われわれは美術館へ行ったので縁がなかった。

街全体が中世の面影を残し静かな雰囲気につつまれているが、ペギン会修道院や白鳥が湖にいる愛の湖公園あたりはとりわけ静寂さが心に響く。ブルージュの美しさを再度目に焼きつけた。

|

« 詩的で不思議なマグリットワールドに魅せられて! | トップページ | グルーニング美でファン・エイクの傑作と対面! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 満足度200%のブルージュ観光!:

« 詩的で不思議なマグリットワールドに魅せられて! | トップページ | グルーニング美でファン・エイクの傑作と対面! »