« 祝 ソフトバンク 8年ぶり日本一! | トップページ | 空海に続き‘法然と親鸞’展も大賑わい! »

2011.11.21

東博 1月2日から特別展‘北京故宮博物院200選’を開催!

3278     乾清宮内の玉座

先週17日の朝日新聞の朝刊に嬉しい展覧会の告知記事が載った。東博で来年の
1月2日から特別展‘北京故宮博物院200選’がはじまるというのである(2月19日まで)。来年の東博の展覧会というと、3月からの‘ボストン美 日本美術の至宝’展
(3/20~6/10)で頭のなかはドドーンと占領されている。その前にこんなビッグな展覧会が用意されていたとは!

出品される200点の半数は日本の国宝に相当する一級文物というふれこみだが、この展覧会が2012年の日中国交正常化40周年を記念して行われるものだから、額面どおりに受け取ってもいいかなという気もする。もうチラシができているのだろうか?門外不出とされる宋・元時代の書画40点をはじめ、青銅器や玉器、陶磁器などの名品が揃うという。

台北故宮は体験しているが、北京の故宮にある文物はみたことがない。今から17年前中国を旅行し念願の紫禁城を訪問したから、宮殿を豪華絢爛に飾る装飾や陶磁器などが目に焼きついているが、ツアーで見学したのは紫禁城だけ。だから、太和殿の横の回廊にある絵画館に展示されている書画とか、皇帝が日常の執務を執った乾清宮西側の回廊にある陶磁器、東側の回廊におさまっている青銅器などはすべて素通り。

皇帝のお宝に関する情報は少なく、93年に購入した週間‘ラ・ミューズ 世界の美術館 北京故宮博物院’と92年東京都美で開催された‘北京故宮博物院展’があるだけ。この展覧会が日中正常化20周年記念展で、それから20年が経ち来年の40周年が東博の特別展。期待したい。

北京故宮博物院のお宝はもう一箇所でも公開される。こちらの情報のほうが早く入ってきたが、東京冨士美の‘地上の天宮・北京故宮博物院展’。作品数は東博と同じ200点。絵画、工芸、服飾、宝飾などのラインナップで目玉は南宋時代の名画‘女孝経図’。これも海外初公開だという。会期は3/29~5/8。東京冨士美は八王子にあるらしいが、まだ行ったことがない。この展覧会を楽しみにして出かけるつもり。

|

« 祝 ソフトバンク 8年ぶり日本一! | トップページ | 空海に続き‘法然と親鸞’展も大賑わい! »

コメント

こんばんは。
僕はNHKプロモーションで知りました。
いろいろ来ますね。
西洋美術館はなんでしたか、東京新聞主催。
芸大美術館は高橋由一ですか。
いづつやさんは富士美術館行かれたことないのですか?
まぁ創価大学学生と山の中までバスでぎゅうぎゅう連れていかれます。
美術館では私語するなとプラカード掲げる監視員がいてまあびっくりしますよ。

投稿: oki | 2011.11.22 00:26

to okiさん
東博の北京故宮展は急にでてきましたね。
びっくりしました。

東京富士美はいつか行ってみようと思って
たのですが、3月また故宮展が開催されます
から2連チャンです。

芸大美の高橋由一展のチラシ、今日手に入れ
ました。楽しみです。西洋美はロベール展
ですね。

投稿: いづつや | 2011.11.22 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東博 1月2日から特別展‘北京故宮博物院200選’を開催!:

« 祝 ソフトバンク 8年ぶり日本一! | トップページ | 空海に続き‘法然と親鸞’展も大賑わい! »