« 満足度200%の‘酒井抱一と江戸琳派の全貌’展! | トップページ | 出光美のゆるーい文人画展! »

2011.10.15

魅了される鈴木其一の花鳥画!

3171_2     ‘夏秋渓流図屏風’

3174_2     ‘群禽図’

3173_2                  ‘夏宵月に水鶏図’

3172_2     ‘秋草図’

事前に購入した図録には鈴木其一(1796~1858)の絵が沢山あったので、鑑賞エネルギーのタンクをもう一本用意していた。会期中に59点でてくる。全点みたいのでまた足を運ぶつもり。

酒井抱一同様、人気の高い作品の展示期間をまず書いておきたい。
★‘夏秋渓流図’(根津美):10/10~10/23
★‘萩月図襖’(東京冨士美):10/25~11/13
★‘風神雷神図襖’(東京冨士美):10/25~11/13
★‘東下図’(遠山記念館):10/10~10/23
★‘三十六歌仙図’(出光美):10/10~10/23
★‘雪月花三美人図’(静嘉堂文庫):通期
★‘芒野図屏風’(千葉市美):11/1~11/13

これまで其一の絵を一番多くみたのは‘大琳派展’(08年 東博)。このとき24点出品されたが、その半分は今回の展覧会にもでている。人気のど真ん中に位置するのはやはり根津美のお宝‘夏秋渓流図’。画像は秋の紅葉が描かれている左隻。右隻の蝉と白ユリもしっかりみた。

‘群禽図’(10/10~23)で視線が向かうのは存在感のあるミミズク。そこから目を移動させると俄然忙しくなる。木の幹と枝が画面の端をぐるっとまわり円を形どり、それにそって大勢の鳥がワイワイガヤガヤ円運動をしている。だから、あまり長くみていると目がまわる。

鳥を単独で描いたいい絵があった。それは周囲の描表装も見事な‘夏宵月に水鶏(くいな)図’(通期)。丈のながい花に囲まれた水鶏と月の巧みな配置に見蕩れていた。これは大収穫!

初見の花の絵で立ち尽くしてみていたのが‘秋草図’(通期)。これは徳島市立徳島城博の所蔵。こういう名品がみれるのが回顧展の醍醐味。図録に載っている‘牡丹図’(個人)にとても惹かれるが、これは11/1~13の展示。あともう一点、すばらしい四幅対がある(10/10~30)。みてのお楽しみ!

|

« 満足度200%の‘酒井抱一と江戸琳派の全貌’展! | トップページ | 出光美のゆるーい文人画展! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魅了される鈴木其一の花鳥画!:

« 満足度200%の‘酒井抱一と江戸琳派の全貌’展! | トップページ | 出光美のゆるーい文人画展! »