« 夢の‘日本美術里帰り展’! 琳派 | トップページ | 夢の‘日本美術里帰り展’! 伊藤若冲 »

2011.09.29

夢の‘日本美術里帰り展’! 江戸絵画

3120_2       円山応挙の‘龍虎図’(1774年 ボストン美)

3119_2     曽我蕭白の‘商山四晧図屏風’(1768年 ボストン美)

3121_2           岩佐又兵衛の‘王昭君図’(17世紀 サンフランシスコ・アジア美)

3118_2        英一蝶の‘田園風俗図屏風’(18世紀初め ワシントン・フリーア美)

来春の‘ボストン美 日本美術の至宝展’には仏像、仏画、絵巻、江戸絵画など90点が展示されるという。今わかっている情報ではこのなかに龍の絵が2点ある。期待の曽我蕭白の‘雲龍図’と長谷川等伯の‘龍虎図屏風’。

となると、前々からみたいと思っている円山応挙(1733~1795)の‘龍虎図’はお休み組?まだ3点の揃い踏みを諦めたわけではないが、可能性は20%くらいか。

ボストン美は曽我蕭白(1730~1781)の宝庫。至宝展にやってくるのはチラシに載っている‘雲龍図’と‘虎渓三笑図屏風’の2点。度迫力の‘雲龍図’で腹一杯になると思うが、プラスαがあるにこしたことはない。未見の3点のどれかが加わっていると嬉しいが、、ちょっと無理かな。

美術本によく載っている‘商山四皓図’はその存在を知ってからもう20年になる。
05年京博であった大回顧展にも姿をみせず、来年も里帰りをしてくれそうにない。対面にはまだまだ時間がかかりそう。辛抱強く待つことにした。

海外にある岩佐又兵衛(1578~1650)の絵に関する情報は‘王昭君図’の1点のみ。これはまだ訪問したことのないサンフランシスコにある。サンフランシスコ美でマティスの追っかけ画をみることに意を決したときは、アジア美にも是非寄ってみたい。

英一蝶(1652~1724)のとても気になる絵がアメリカの美術館にある。ワシントンのフリーア美が所蔵する‘田園風俗図屏風’、ボストン美蔵の大作‘涅槃図’、そしてメトロポリタンにある‘地蔵菩薩図’。回顧展でもないかぎりお目にかかれそうにない。いつか日本に里帰りしてくれることを心から祈っている。

|

« 夢の‘日本美術里帰り展’! 琳派 | トップページ | 夢の‘日本美術里帰り展’! 伊藤若冲 »

コメント

いづつや様
曽我蕭白の雲龍図を眺めていたら、この龍の何やら困ったような表情に村上隆の達磨の顔を思い出しました。

調べてみましたら、私が見逃した2009.4.5日曜美術館で曽我蕭白が特集されており、そのゲストが村上隆だったのです。いづつや様なら見ておられたのではないのかと思い、お伺いいたします。番組はどんな内容だったのですか?もし、覚えておられたら、教えてください。

投稿: 黄色いカナリア | 2011.11.05 08:47

to 黄色いカナリアさん
蕭白がとりあげられたのはリニューアル日曜
美術館の第一回目でした。新司会の姜尚中
(かんさんじゅん)さんがアーティスト村上隆
から蕭白の魅力をうまく引き出してました。

村上隆はその当時世の中に認めてもらえなか
った蕭白のアーティスト魂に自分を重ね合わせ
ており、達磨の作品に蕭白が使った鬼神斎を
パロッて書き込んでます。

ところで、来年春千葉市美で蕭白の回顧展
(4/10~5/20)があるのをご存知でしょうか?
とても楽しみなのですが、三重県美にも巡回
します。

投稿: いづつや | 2011.11.05 17:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢の‘日本美術里帰り展’! 江戸絵画:

« 夢の‘日本美術里帰り展’! 琳派 | トップページ | 夢の‘日本美術里帰り展’! 伊藤若冲 »