« ビッグニュース! 來春東博で‘ボストン美 日本美術の至宝’展 | トップページ | 夢の美術館! セント・ピーターズバーグ(フロリダ州) ダリ美  »

2011.08.09

いつか行きたい美術館! フィゲラス ダリ劇場美術館

2941_2

2939_2     卵がのったダリ劇場美術館の外観

2938_2            ‘アパルトマンとして使えるメイ・ウエストの顔’(1934~35年)

2940_2     ‘セックス・アピールの亡霊’(1932年)

1月マドリードで美術館めぐりを楽しんだのでスペイン旅行はひとまずお休み。次はしばらく時間があくかもしれない。

まだ縁のないスペインの美術館でこれから機会があればでかけてみたいのはフィゲラスのダリ劇場美、バルセロナのカタルーニャ美、そしてトレドのサンタ・クルス美。このなかで優先度が一番高いのはダリ美。

ガイドブックによると、バルセロナの北東約140kmのところにあるフィゲラスへは列車だと2時間で着く。一日に18本運行されている。バスを利用すると2時間半。これならバルセロナに一泊すれば行って来れる。でも残念ながら団体ツアーはまったく使えない。バルセロナで自由行動がとれるコースはないから、個人旅行が唯一のオプション。

おおよそ頭にあるのはMy‘バルセロナ、マドリード感動の5日間’。バルセロナに二泊して、一日をダリ美の見学にあて、もう一日は2度目となるピカソ美とミロ美、そして中世美術の傑作があるカタルーニャ美やまだみてないガウディの建築群をまわる。マドリードでは1月見逃した作品をリカバリーし、そのあとトレドまで足をのばし、サンタ・クルス美でグレコの追っかけ作品と対面する。観光の目玉は1月のとき参加された人が皆いいと言っていたセコビアの古代ローマ時代の水道橋。

ダリ劇場美に展示してある作品の一部は幸運にも99年の広島県美と07年の上野の森美で開かれた回顧展でみることができた。が、現地にはこれの数倍の感動を与えてくれる作品が待ち受けているだろうなと想像している。美術館の卵の外観からして度肝を抜かれるのだから、中に入ったら幻想とシュールさが交錯するダリワールドにちがいない。

最も体験したいのが‘メイ・ウエストの部屋’、そして上から‘メイ・ウエストの顔’に
200%だまされてみたい。期待の絵画は沢山ある。少年ダリの体感した‘セックス・アピールの亡霊’とか天井画‘風の宮殿’とか‘レダ・アトミカ’とか

ここを実際に訪問するのはまだ先だが、ダリは大好きな画家なのでこれから追っかけ画を1点々つぶしていくと一気にダリを済ませたいという衝動に駆られる可能性は充分ある。先のことは何がおこるかわからない。

|

« ビッグニュース! 來春東博で‘ボストン美 日本美術の至宝’展 | トップページ | 夢の美術館! セント・ピーターズバーグ(フロリダ州) ダリ美  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/52435791

この記事へのトラックバック一覧です: いつか行きたい美術館! フィゲラス ダリ劇場美術館:

« ビッグニュース! 來春東博で‘ボストン美 日本美術の至宝’展 | トップページ | 夢の美術館! セント・ピーターズバーグ(フロリダ州) ダリ美  »