« お知らせ | トップページ | セ・パ交流戦 強すぎるソフトバンク! »

2011.06.20

イチローの年間200本安打は黄信号!

2771_2大リーガー、イチローの5、6月の打撃不振は想定外だった。

松坂(レッドソックス)の肘の手術も暗いニュースだが、それ以上にイチローの不調は大リーグの楽しさを半減させる一大出来事である。

72ゲームが終わった時点での成績は打率.277で、ヒット数は82本。残りゲームは90。となると、年間200本に到達するためには1試合平均1.4本のヒットが必要。

これは相当厳しい!今年は無理かもしれないと思わせる要因はもう一つある。それはチームが強いこと。マリナーズの戦前予想はいつものように西地区最下位。が、開けてびっくり、今年はどういうわけか強い。勝率は5割をこえ、首位のレンジャーズに0.5ゲーム差の2位は大健闘。

これから首位を奪い、秋には地区優勝の美酒に酔えるか、それともシーズン後半の熾烈な上位争いに振り落とされるか?その結末如何はイチローの200本安打と大きく絡んでくる。というのも、マリナーズが強くなればなるほど対戦相手のピッチャーは一番バッター、イチローを警戒し、厳しい攻めをしてくることは目にみえているからである。また、歩かせたりまともに勝負してこないケースが増えてくる。

弱いマリーナーズだったら、イチローに打たれてもほかのバッターを打ちとればいいという心理が働くので、ピッチャーはイチローと勝負してくれる。でも、マリナーズも優勝争いに絡んでくると話はがらっと変わる。イチローのバッティング機会はかなり減ってくるので、ヒットの数をコンスタントに積み上げていく可能性は低下する。残り120本の達成は難しいような気がする。

イチローは頭がいいから、自分の200本安打より久しぶりに巡ってきたチームの優勝のチャンスに頭を切り替えるのではなかろうか。2年前、200本安打を9年続け大リーグ記録をつくったから、累計11回の新記録は来年以降にめざそうと思いはじめているかもしれない。

イチローを熱く応援するものとしては、チームが好調なのでこのまま地区優勝にむかって突き進んでもらいたい。そんな強いマリナーズの勝利にイチローのバット、盗塁、守備が貢献してくれたら、これにまさる喜びはない。がんばれ、イチロー、そしてマリナーズ!

|

« お知らせ | トップページ | セ・パ交流戦 強すぎるソフトバンク! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イチローの年間200本安打は黄信号!:

« お知らせ | トップページ | セ・パ交流戦 強すぎるソフトバンク! »