« イチローの年間200本安打は黄信号! | トップページ | 日本のスーパーエース ダルビッシュは来年大リーグ? »

2011.06.21

セ・パ交流戦 強すぎるソフトバンク!

2772今年のセ・パ交流戦は圧倒的な強さをみせたソフトバンクの3度目の優勝で終了した。

24試合戦い、ソフトバンクは18勝する(勝率.818)のだからその強さは抜きん出ている。

上位5チームは2位がオリックスで、そのあと日本ハム、中日、西武が続く。交流戦全体の印象としては昨年同様、パリーグがセリーグをこてんぱんにやっつけたという感じ。

この結果をみたら、日本シリーズにおけるパリーグ覇者の勝ちは決まったも同然。試合をする価値が果たしてあるのだろうかと思ってしまう。

セパの戦力のちがいはこのように明々白々なのに、セリーグの球団経営者は老害ナベツネを頂点にして危機感を感じるどころかパリーグを見下し、権力主義丸出しでその場限りの興行収支ばかりに目がいっている。こんな連中が興行を仕切っているセリーグにはもう何年も前から愛想を尽かしており、プロ野球の関心は100%パリーグに移っている。

そのパリーグは1位ソフバンクと2位の日本ハムがほかの4チームを大きく引き離しているので、順位争いの興味はもう3位争いだけになっている。だから、クライマックスシリーズに出場するための残り一つの枠をめぐる戦いを4ヶ月も前倒しでやっているようなもの。

首位を走っているソフトバンクの打の戦力アップに大きく貢献しているのがFAで横浜から移籍した内川(写真)。打率は.363と立派な成績。内川はWBCで一躍ブレイクした選手だが、打撃力は確実にアップし、いまや野手ではチームの看板ともいえる存在になった。大分県の出身だから、九州のソフトバンクは格好の働き場所。球団の期待値にちゃんと応えるのだから内川はたいしたもの。ソフトバンクにとっては願っても無い戦力補強となった。

切れ目のない打線に加え投手力は杉内、和田の2本柱がしっかりしているのでチームの総合力は近年になく充実している。秋山監督の選手起用、采配もだいぶ上手くなってきた。ソフトバンクの強さはしばらく続きそう。

|

« イチローの年間200本安打は黄信号! | トップページ | 日本のスーパーエース ダルビッシュは来年大リーグ? »

コメント

お帰りなさい。
ソフトバンク強いですね。
けど投手防御率は我が日本ハムの方が上ですよ!
大抵セリーグのチームに一点か二点しか与えてない。
武田勝が投げる時は何故か点がとれないのがかわいそうですが、これから後半、ソフトバンクと日本ハムの争い面白いですね。

投稿: oki | 2011.06.21 22:46

to okiさん
ソフトバンク、日ハムが強いですね。投手力
は仰るように日ハムのほうがいいですね。
ダルビッシュの技量がさらにアップしてい
るのがすごいです。

パリーグの野球にくらべて、セリーグはおと
なしくて活気がないですね。投手もバッターも
球場にでかけてその勇姿を見たい選手がいま
せん。

パリーグは日ハムの中田が成長し、オリックス
のT岡田がいます。そして、ダルビッシュ、
田中マー君、杉内、和田、涌井、唐川など魅力
いっぱいのスター選手が沢山います。

それに対し、巨人の坂本は期待値ほどのびてな
いし、阪神、中日には生きのいい若手は全然い
ません。まあ、セリーグは弱小の広島と横浜がい
るかぎり、リーグ全体の力は下降し続けますね。

投稿: いづつや | 2011.06.22 11:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セ・パ交流戦 強すぎるソフトバンク!:

« イチローの年間200本安打は黄信号! | トップページ | 日本のスーパーエース ダルビッシュは来年大リーグ? »