« アートに乾杯! 芦雪のおもしろい富士の絵 | トップページ | アートに乾杯! 芦雪の光の表現 »

2011.05.31

アートに乾杯! 滝のフォルム どれがお好き?

2731_2     長沢芦雪の‘鶴亀図屏風’(江戸時代 18世紀)

2732_2           葛飾北斎の‘木曽路ノ奥阿弥陀ヶ瀧’(1833年)

2733_2          葛飾北斎の‘下野黒髪山きりふりの滝’(1833年)

2734_2      渓斎英泉の‘日光・素麺之滝(左)’‘裏見之滝(右)’(1843~46年)

長沢芦雪(1754~1799)が描いた滝の絵は今回の回顧展に4点でている。鯉の滝登りが2点と‘赤壁図’と‘鶴亀図’。このうち長くみていたのが‘鶴亀図’(6/5まで展示)。六曲一双の屏風で滝と亀は右隻に描かれている。

この屏風をみるのは2度目。芦雪が描く鶴(左隻)はおもしろくないので、視線は滝とその下にいる亀ばかりにいく。この滝のフォルムは水しぶきをあげて落下する滝のリアルさはなく、デザイン化された水の流れが上から下へ階段を下っていくように繰り返されている。

これをみてすぐ頭に浮かんだのが葛飾北斎(1760~1849)の‘諸国瀧廻り’シリーズの一枚、‘木曽路ノ奥阿弥陀ヶ瀧’。この滝は円で囲まれた滝口の左右に柔らかく曲がる水の線とは対照的に、落下ししだすと大根の先みたいにべたっとした細長い色面になっていく。芦雪の滝もこの滝も意匠的な表現となっている。

これに対して滝の量感あふれるダイナミックなフォルムに圧倒されるのが‘下野黒髪山きりふりの滝’と渓斎英泉(1790~1848)が描いた日光にある2つの滝。‘きりふりの滝’をはじめてみたときは滝のお化けに出会った感じだった。また、大蛸の足のようにもみえた。

英泉の‘裏見之滝’はお気に入りの絵。ドドドッと滝壺に激しく落ちる大きな水の帯は水量豊かで迫力満点。近づくと飛び散る水しぶきでずぶぬれになりそう。この裏見の滝をいつかこの目でと思ってはいるが、その機会がなかなかつくれない。

|

« アートに乾杯! 芦雪のおもしろい富士の絵 | トップページ | アートに乾杯! 芦雪の光の表現 »

コメント

裏見之滝が好きです。
滝が好きですのでどれもいいのですが、
滝の裏側が見えたという
その事が おもしろく いとおかし・・・

投稿: Baroque | 2011.06.01 23:37

to Baroqueさん
裏見之滝のドドドッと勢いよく落下する光景が
いいですね。緩くカーブするフォルムに釘付け
になります。いつかこの滝をみにクルマを走ら
せようと思っているのですが、、

投稿: いづつや | 2011.06.02 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アートに乾杯! 滝のフォルム どれがお好き?:

« アートに乾杯! 芦雪のおもしろい富士の絵 | トップページ | アートに乾杯! 芦雪の光の表現 »